パラド出版社教科書

北欧、東欧の歴史

1500年頃の情勢

 北欧では、スウェーデン、東欧では、ポーランドリトアニア連合王国
が勢力を維持しており、西欧やバルカン半島に比べ平和な状態が維持さ
れていた。
 しかし、イスラム勢力のカザフが、モスクワ公国との戦争に勝利し、
モスクワ方面に進出し、タタールのくびきが復活した。

1500.jpg

ポーランドの統一

 ロシア地域での覇権争いに勝利したカザンやオスマントルコのバルカ
ン半島など、イスラム勢力のヨーロッパ侵攻に対抗するため、ポーラン
ドとリトアニアが正式に統合した。
 ポーランド王は、周辺国に統一して、カザンに対抗するように呼びか
けたが、ドイツ諸侯やスウェーデンは、ポーランドの影響力増加を嫌い
統一勢力構想は頓挫した。

1525.jpg

北方戦争

 バルト海に進出したいカザンは、1535年にスウェーデンに宣戦を布告
し、フィンランドに侵攻をした。カザン騎兵の侵攻に初戦で大敗を喫し
たスウェーデンは、ポーランドに救援を求めた。
 救援を求められたポーランドは、10年前の統一構想を断ったことや、
オスマントルコやクリミアが、カザンと連携して侵攻してくることを恐
れ、傭兵部隊をフィンランド地方に派遣した。
 フィンランドに派遣されたポーランド傭兵部隊は、スウェーデンから
物資の補給を受けることになっていたが、この年の記録的な寒波で、補
給が困難となったため、周辺集落への略奪を行った。
 この略奪に対して、集落の守備を行っていたノルウェーとデンマーク
の両軍と衝突をした。
 この後、ポーランドとノルウェー・デンマーク連合国との間で戦争が
勃発し、ポーランドがデンマークとノルウェーを占領した。(略奪戦争)
 また、孤立無援になったスウェーデンは、各地で敗北し、カザンにフィ
ンランドを割譲した。

1550.jpg

スウェーデンの滅亡

 180年戦争やオスマントルコへの十字軍などでヨーロッパ各国に余力が
無く、スウェーデンは孤立無援となった。

1585.jpg
 スウェーデン単独では、カザンに対抗することができず、徐々に国土を
失い、オーストリアとともに17世紀を迎えることはできなかった。
 16世紀は、イスラムの復興の世紀である。

1605.jpg


添付ファイル: file1605.jpg 335件 [詳細] file1585.jpg 343件 [詳細] file1550.jpg 363件 [詳細] file1525.jpg 355件 [詳細] file1500.jpg 342件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-25 (金) 00:15:22