ナスル朝の栄光

初期状況確認

GRA1-1_R.jpg
グラナダの初期状態

グラナダはイベリア半島で唯一のイスラム教国なだけあって、初期技術はなんとカソリックの国々より上のALL5!
内政スライダーは中央集権よりでかつ、富豪中心主義よりなのが嬉しい。
その上、政治体制も部族国家ではなく、専制君主制なのでイスラム教の国々の中でも恵まれていると言える。

準備

ゲーム開始時のミッションはアンダルシアがグラナダの所有になることでアンダルシアの中核プロヴィンスを獲得できるものがおすすめ。

GRA1-2.jpg

まずは、インフレを気にせずに国庫に全振りする。
内政スライダーは、さらに富豪中心主義に寄せ密偵年間増加効率を高める。
国策は変えるのもいいですし、そのままでも悪くはないでしょう。

私の今回のプレイでは大陸軍に変えました。
あとは元首を将軍に転身させることと、官僚の人身売買くらいでしょうか・・・

準備完了 グラナダの不幸

グラナダは不遇である・・・
最初に書いたようにグラナダは優れた初期ステータスを持っている。
が、しかしそれらを全て打ち消すほどの隣国がいる。そう、宗教キt・・・聖なる信仰を布教するカステラ様である。
カステラ様が隣にいる限り、グラナダに明日はないだろう。

GRA1-3.jpg
幸運つきのカスティーリャ

・・・というわけで

GRA1-4.jpg

1399年10月14日
ムハンマド7世(グラナダ)はカスティーリャに対してジハードを開始した。


次回
ナスル朝の栄光2-ジハードの始まり


添付ファイル: fileGRA1-4.jpg 113件 [詳細] fileGRA1-3.jpg 103件 [詳細] fileGRA1-2.jpg 118件 [詳細] fileGRA1-1_R.jpg 105件 [詳細] fileGRA1-1.jpg 99件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-29 (火) 15:27:35