英語版WikiのTurbo-annexを訳してみました。誤訳などありましたらどうぞ修正してください。

多くのプロヴィンスを持つ国を最速で併合する方法です。


  • 注意 NA ver2.1から速攻併合はできなくなりました。政府崩壊イベントは平時のみに発生します。

どういうもの?

パッチ1.2では、AIは多くのプロヴィンスをなかなか割譲しないようになりました。そこで、何度もの戦争と和平でゆっくり大国を侵食することを望まないせっかちなプレーヤーのために新しい方法が発見されました。
この方法は政府崩壊から発見されました。

どうやるの?

反乱軍が、政府が統治するより多くのプロヴィンスを制圧すると、政府崩壊が起こります。[その国の関わる]全ての戦争が和平に終わり、君主は退位させられ新しい君主が即位します。しかしより重要なのは、首都以外の全てのプロヴィンスが占領軍に割譲されることです。

  • 敵国の首都以外の全てのプロヴィンスを占領することによってこの利点を利用しましょう。この方法はあなたが得るプロヴィンスの数を最大化しますが、敵国の首都で反乱を起こさせることは簡単ではありません。敵国が高い安定度を持っているならなおさらです。その代わりに、より簡単な方法があります。首都を制圧し、代わりに[対象国と]違う文化をもち、(理想を言えば)違う宗教を持つプロヴィンスを放置しておきます。これが反乱を起こさせるターゲットとなるプロヴィンスです。こちらのほうがより簡単だとわかるでしょう。
  • 多くの傭兵で首都を包囲することでトラブルを少なく蜂起させられます。
  • そしてスパイを送りこむときです!まだ蜂起しないようなら、スパイを使ってring infiltrationを実行しましょう。これによって次のステップへ一段と進めますが、お金がかかりますし失敗したくはないでしょう。
  • 安定度-3になるまで不満を誘発させましょう。うぎゃー!何百ダカットもかかってしまう!あなたはこれを実行するコストを避けることができます。ただ莫大なダカットを和平交渉で要求するのです。あなたは一定の戦勝点を持っていますが、相手国は十分なダカットを持っていないので和平案を拒否し、このとき相手国は安定度を失います(これはフォーラムで読んだことですが、機能しないようです。確かめないと)。
  • そして最終的には、反乱が起き首都を包囲するのを待つだけです。反乱リスクがわずか10%では何ヶ月もかかることでしょう。

勝利の後、月の終わりには[首都以外の]全てのプロヴィンスを併合できていることでしょう!唯一のマイナス面は、プロヴィンス1つにつき単なる和平交渉による割譲よりBBRが+1されることです(もっとも中核州ならBBR上昇は0です)。残った首都のみの国を属国化する利点はあまりないでしょう。しかしたくさんの1プロヴィンス国家が何か害になるでしょうか?彼らには5年の猶予を与えるのみです。BBWを勝ち抜いてゆくことが好きなプレイヤーには、より高いBBR増加は実際利点です。この戦略は勝利への外交併合と呼ばれます。というのはそれは外交併合戦略によって利用されるからです。しかし今やあなたはこの速攻併合戦略も利用できます!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-20 (木) 12:40:22