EU3講座

Europa Universalis IV: Developer diary 5: The Return of the Kings
by Balor
Published on 05-10-2012

ヨーロッパ・ユニバーサリスIV - 開発日記 5 - 王たちの帰還
著: ベイラー
発行日: 2012年10月05日

Welcome back to another development diary for Europa Universalis IV and today we delve into Rulers - your high and mighty leadership, their abilities (or lack thereof) and how to use the new monarch power we have introduced in EU4.

ヨーロッパ・ユニバーサリスIVの更なる開発日記へとようこそ。 本日、私たちは支配者について掘り下げて行きます。 -高貴で力強い指導力、彼らの能力(または、それの欠如)、そして私たちがEU4に新たに導入しようとしている「君主の力」の使い方についてお話したいと思います。

We will go in-depth about these new concepts as we discuss the monarch of your nation and his or her court. While we use the word monarch here, it ,of course, also represents rulers of other government forms, and naturally for all those republics not necessarily ruled by a single person.

これらの新たな概念について、あなたの国の君主やその宮廷について議論しながら詳細をお話しするつもりです。 ここで君主という言葉を使っていますが、それはもちろん他の政体の指導者についても含んでいる言葉とします。 単一の指導者に率いられていない全ての共和制の国もこの中に含めることにします。

Monarchs, Dynasties & Heirs
As you may have already have suspected, we are keeping the dynastic and heir system from the previous version of Europa Universalis intact , except for one interesting addition.
If you play a monarchy, once your heir reaches adulthood, you can turn him into a military leader. This was something that was common in the era, and we want to add that flavor into the game. This is risky of course, because you will need to make decisions on whether you dare to send a talented martial heir to the battlefield for conquest (or defeat) or if it is better to keep your heir safe at home.

君主、王朝、後継者
既に推測されている方もいると思われますが、今までのバージョンのヨーロッパ・ユニバーサリスにあった王朝と後継者の制度をそのまま維持します。 ただ面白い追加が一点あります。
あなたが王政の国でプレイしている場合で、後継者が成人したなら、その者を軍事指導者に転身させることができます。 これは当時の世界ではよくあることでしたので、同じことをゲーム内でもできるようにしたかったのです。 これにはもちろん危険も伴います。 なぜなら軍事的に才能のある後継者を戦場へ送り征服活動(または敗北)に従事させるべきなのか、それとも王宮内で安全にさせていたほうがよいのかという決定をしなければならないからです。

Your Monarchs Abilities
Monarchs in the Europa Universalis series have always been represented by their three abilities, administration, diplomacy and military.

君主の能力
ヨーロッパ・ユニバーサリス・シリーズの君主の能力は常に3分野の能力値で示されてきました。 政治、外交、軍事です。

How it was in Europa Universalis III:
The abilities of the monarch were in the range from 3 to 9, with higher values representing a better monarch. For example Louis XIV de Bourbon of France was a 8/9/9 monarch, not to mention his good looks. The infirm, addled and confused Henry VI of England, however, was on the other end of the scale at 3/3/3. These ability scores were direct bonuses that were added to research, investment in stability, or diplomatic skill.

ヨーロッパ・ユニバーサリスIIIではどうだったのでしょうか:
君主の能力は3から9の範囲があり、高い値であればより良い君主であることを示していました。 例えば、フランスのルイ14世・デ・ブルボンは、8/9/9の君主でありました。 一方、虚弱体質で、軽はずみで、錯乱していたイギリスのヘンリー6世はこの基準の反対側である3/3/3でした。 これらの能力値は研究や安定度への投資、または外交能力への直接的なボーナスとなっていました。

How it will be in Europa Universalis IV:
In Europa Universalis IV , we have removed the direct bonuses from monarch abilities, which is fine because we've redone the technology and stability advancement as well. We have also changed the range to be from 0 to 6, in the same range as the abilities of the military leaders.

ヨーロッパ・ユニバーサリスIVではどうなるのでしょうか:
ヨーロッパ・ユニバーサリスIVにおいては、君主の能力が直接ボーナスになることを取りやめました。 これは研究や安定度の上昇についても再設計されるので問題のないことでしょう。 同時に、能力値の範囲を0から6へと変更しました。 これは軍事指導者の持つ能力値の範囲と同じものです。

Your Monarchs Power
In the place of direct bonuses, we have introduced the concept of monarch power for a country. There are still the same three types of power, each corresponding directly to your monarchs’ ability in administration, diplomacy and military, but each month these abilities are added to a pool for each power. So if your monarch has an administrative skill of 4, you will see your administrative power pool increase by 4 each month. You can store up to 999 power at a time. These values are shown prominently in the game user interface at the blue bar on the upper left with a scroll for administration, a dove for diplomacy, and two crossed sabres for military.

君主の力:
直接的なボーナスの代わりに、国に対する「君主の力」という概念を導入しました。 これからも君主は3種類の能力値を持ち、各値が直接その君主の政治、外交、または軍事面での能力に対応するということに変更はありません。 しかし、毎月これらの能力は各分野の「力」の容器へと蓄積していきます。 よって、もしもあなたの操作する君主の政治能力が4なら、月ごとに政治の「力」の容器に4ずつ貯まっていくのが分かるでしょう。 一度に貯められる「力」の限界は999となります。 これらの値はゲームのインターフェースの左上に目立つように青い棒グラフとして表示されています。 巻物の印があるのが政治の力で、鳩が外交、2本の交差した剣が軍事を表しています。

Why the concept of power?
Designing a strategy game is about implementing limitations on the players, because the choice of how you will spend your limited resources is what strategy is all about. With the introduction of power, we have managed to create a system which gives a really interesting balance that works both short-term and long-term inside a game. In short, our new system is one where monarch ability places restrictions on the player according to the ability of the monarch. This system removes the rich getting richer syndrome (or the “snowball effect” as some people call it) where power begets power. It also works out splendidly in a rich historical game, because depending on the leader and his/her abilities and traits it creates ebbs and flow, and sometimes even causes stagnation for countries. That prevents the gameplay from going static, because you really need to be aware and change your tactics to gain as much as possible from the strengths and weaknesses of your ruler. It is one of the most fun systems I've designed in my career in games, and it works really nicely to catch the atmosphere and still create a challenging environment.

なぜ力という概念なのでしょうか?
戦略ゲームを設計するというのは、プレイヤーにとっての制限を課す作業とも言えます。 なぜなら、限りある資源をどのように使うのかということが戦略ゲームの根本であるからです。 「力」の導入によって、ゲーム内での短期間においても、長期間においても働く、上手くバランスのとれた制度を作ることができました。 短期的には、この新制度は君主の能力がプレイヤーに君主の力に応じた制限を掛けることになります。 この制度では、金持ちがより金持ちになるという病気(人によっては雪だるま現象とも言う)、つまり力が力を呼ぶ、という状況を無くします。 この制度は、又、歴史に満ちたゲームにおいても素晴らしく機能します。 なぜなら、指導者の能力や特性によって、この制度は退潮傾向や流動性を作り出したり、時には国に沈滞をもたらしたりもします。 こういった事柄はゲームプレイが固定化してしまうのを防いでくれます。 なぜなら、プレイヤーは指導者の長所や短所に真に気を配り、戦術を変えることで出来る限りの利益を引き出す必要が出るからです。 これはゲーム作成の私の経歴において最も楽しめる制度の一つです。 そして、EU4の時代の空気を感じ、やりがいに満ちた環境を作るのにも上手く役立っています。

We do feel that the person of the monarch was in many aspects the key to the period for Europa Universalis IV, such as Fredrick the Great, Queen Elizabeth of England or Louis XIV of France. So even if the game's main focus is empire building and for the player to explore, trade and colonize, those rulers did change the destiny of countries. A weak military ruler with a strong administrative skill should lead to a nation where you need to rethink your course of action since you will not be accumulating military monarch points as quickly as you will administrative points.

私たちの感覚では、ヨーロッパ・ユニバーサリスIVの時代には君主の地位にいる人物は多くの面においての成否を握る鍵のようなものです。 例えば、フリードリッヒ大王、イギリスのエリザベス女王、あるいはフランスのルイ14世のように。 よって、たとえこのゲームの焦点が帝国を打ち立てることで、プレイヤーによって探検、交易、植民地建設をするものであったとしても、指導者が国の運命を左右するのです。 軍事に弱く、政治能力が高い支配者が国を率いたなら、プレイヤーは行動予定の手順を再考する必要があります。 なぜなら、あなたの国では軍事に関する君主のポイントを政治に関するポイントほど早く蓄積することはできないでしょうから。

What do you use your monarchs power for?
The monarch abilities are now converted into points that you use for actions. First of all, there are large costs like capital movement, technology advancements & idea selection. Second, we have smaller costs like core creation, stability increases & inflation reduction, and finally we have tiny costs like assaulting or constructing buildings. There is also an upkeep cost for having military leaders and diplomatic deals.
Now we haven't listed all things the various powers are used for, and the costs of actions and assets are changing constantly as we play internal games at the office. But, to give you a few examples to help explain the system, having a general currently costs one military power each month, while building a building costs about five power, and advancing a technology costs about 400 power (without any other modifiers on it.)

君主の力は何に使うのでしょうか?
君主の能力は行動を取るために使えるポイントへと変換されるようになります。 まず第一に、首都の移動、技術の革新、ナショナルアイディアの選択などには大きな費用がかかります。 第二に、中核州の作成、安定度の上昇、インフレの抑制などは比較的小さな費用とがかかります。 最後に、攻撃をしたり、建築物を建てたりという事にはほんの少量の費用がかかります。 また、軍事指導者や外交協定を維持するためにも費用がかかります。
ここまででも、三種の力が行える事柄を全て列挙してはいません。 そして、現在も調整中の社内でのテストプレイにより、行動や資産にかかる費用は常に変わり続けてます。 ですが、この制度を説明する手助けとなるように2、3の例を上げるとすれば、将軍を1人維持し続けるには、毎月1の軍事の力を必要とします。 一方、とある建築物を建てるには5の力を必要とし、技術革新には約400の力を必要とします。(それらに係る修正を無視した場合)

Your Advisors.
In connection to this we've also changed how advisors work. Instead of having lots of advisor categories that all have different functionality, your advisors now affect one of the three monarch stats. If you can recruit a really good administrative advisor, you can either compensate that weakness in your current monarch or reinforce that strength to take advantage of that talent while you can. In our database we have lots of historical advisors that you can recruit, but also some new generated ones.
There are three slots for advisors as before, but now each slot is directly tied to specific monarch ability. You can only have one advisor for each ability. The skill of an advisor is now in the range from 1 to 3, and each skill point gives one extra power of the corresponding type each month.

顧問
前の事柄と関連して、顧問の仕組みも変更されました。 様々な分野の異なった能力がある顧問がいるという従来の制度の代わりに、顧問は3種類の君主の能力のどれかに影響を与えることになります。 もしもあなたが本当に有能な政治顧問を勧誘することができたなら、現在の君主の弱点を補強するために使うか、可能なうちにその顧問の能力を活かして長所をさらに増強することになります。 私たちのデータベースには多くの歴史上の人物を顧問として登録してありますが、無作為に作られた名前と能力の顧問もいます。
今までのように顧問の枠は3つですが、それぞれの枠は特定の君主の能力と直接に結びついています。 それぞれの能力に対して1人の顧問しか雇うことはできません。 顧問の能力値はこれからは1から3の範囲となり、1点ごとに毎月追加の1「力」を得ることができます。

In Europa Universalis III, after a few expansions, there was an enormous amount of types of advisors. And that made it hard to choose for the players and a lot of the advisors were, quite frankly, not really useful at all. So in Europa Universalis IV, we've narrowed it down to five different types per ability, giving actual choice to the player.

ヨーロッパ・ユニバーサリスIIIでは、数個の拡張版の後に数え切れないほどの種類の顧問ができてしまいました。 そして、それはプレイヤーにとってどの顧問を選ぶのかという選択を難しくし、しかも、多くの顧問は、率直に言って、全く使い道がありませんでした。 よって、ヨーロッパ・ユニバーサリスIVでは、能力の分野ごとに5種類の顧問へと選択肢を狭め、実際に意味のある選択をプレイヤーにしてもらうことにしました。

Each type of advisor has a bonus, for example the trade advisor makes your merchants more efficient, but the skill no longer affects the power of bonus, giving you further choices between quality of advisor and the bonus you may need.
A final change when it comes to advisors is that they are far more expensive now. These people know to charge for their talents. So you will not always be able to afford a full set, especially if you aren´t a rich country. This again adds to decision making and strategy: What is important for you right 2013-01-03 (木) 20:42:53

各種類の顧問は何らかのボーナスを持っています。 例えば、交易の顧問は商人をより効率的にさせるというようなことです。 しかし、能力値はボーナスの効果とは関係のないものとなり、顧問の質と必要とされるボーナスをはかりに掛けての選択を追加であなたたちに迫ることになります。 顧問に関する最後の変更点は、かれらの給与が今よりもかなり高額になるということです。 これらの人物たちは自分たちの有能さに値段をつけることをよく知っています。 よって、常に全ての顧問の枠を満たすほどの余裕があるとは限りません。 あなたが裕福でない国でプレイしている際には特に。 この事はさらに決断の機会と戦略の幅を増やすでしょう: 何があなたにとって本当に重要なのでしょうか?

That’s it for today, hope you enjoyed it! We have a lot more development diaries remaining for Europa Universalis IV, so stay tuned, because next week we'll be back to talk about what has replaced domestic policies

これで今日の日記は終わりです。 楽しんでくれたでしょうか?ヨーロッパ・ユニバーサリスIVの開発日記はもっともっと残っています。 楽しみにしていてください。 何といっても、来週は内政スライダーに代わるものについての話に戻りますから。

原文掲載サイト:
http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1115-Europa-Universalis-IV-Developer-diary-5-The-Return-of-the-Kings

前 - 開発日記04 収入と支出
次 - 開発日記06 政策、国策、国家の伝統


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-11 (金) 18:37:54