EU4発売前情報

Europa Universalis IV Developer Diary 10 - It all belongs to Mother Russia...
by Johan
Published on 09-11-2012 22:16 Number of Views: 10827

ヨーロッパ・ユニバーサリスIV開発日記10 - すべては母なるロシアに属す
著:ヨハン
発行日:2012/11/09

Welcome to another development diary for Europa Universalis IV. This time we focus on the great nation of Eastern Europe, Russia, one of the greatest nations the world has ever seen and a major player through much of the course of the time period represented in the game.

ヨーロッパユニバーサリスIV開発日記へようこそ。今回は東欧の大国、ロシアに焦点をあててみましょう。ロシアはこれまで見てきた世界で最大の国家の一つであり、このゲームで扱う時代の多くで主要なプレイヤーです。

Russian Possibilities.
If you start at the one of the early points in the game, there is no Russia, really – just a bunch of principalities and republics that, historically, were conquered or coalescaed into a Russian Empire. Most players start with Muscowy and then use that strong and historic base to form Russia, but you always have the possibility to start as another minor Russian state and form Russia that way. Russia has at least one major strategic advantage - once it has removed the Tatars and Mongol threats to its immediate east, its back is free of danger, so it can focus on expansion to its West (into Lithuania and the Baltic states) or to its south (into the Caucasus and Ottoman Empire). As Russia you have options to fight for warm-water ports in the Baltic and Black Seas, direct the conquest of the heartland and oversea the colonial progress through Siberia. A well-played Russia becomes one of the greatest powers at the end of the game, but there is always the risk of falling behind in the technology race.

ロシアの可能性
もし、初期の頃の時代でゲームを始めると、ロシアはまだ存在しません。歴史的にロシアに征服もしくは併合された、たくさんの公国と共和国があるだけです。多くのプレイヤーはモスクワで始め、ロシア形成のために use that strong and historic base。しかし、他のマイナーなロシアの国家で始めることもできます。ロシアは少なくとも一つの戦略的に優位な点があります。東にあるタタールとモンゴルの脅威を一度排除してしまえば、その背後は危険がなく、西(リトアニアやバルト諸国)や南(コーカサスとオスマン帝国)の拡大に注力することができます。ロシアはバルト海や黒海の不凍港を目指して戦う選択肢や、シベリアを経由して暖かい地や海外植民地征服の選択肢もあります。うまくロシアでプレイすればゲーム終了時に最大の軍事力を持つ国家の一つになるでしょう。しかし、それは技術レースで遅れを取るリスクに常にさらされるでしょう。

Russian Dynamic Historical Events
Russia has a rich and interesting history, and we are representing it with lots of interesting Dynamic Historical Events. They have two major chains.

ロシアのダイナミックイベント
ロシアは豊かで興味深い歴史を持っており、これは豊富な興味深いダイナミックイベントにより表現されています。
これには2つの主要なイベント連鎖があります。

The first is the Time of Troubles. Europa Universalis III had a generic Time of Troubles series of events, and that one has been kept, but under a new name, so we could use “Time of Troubles” to represent the dynastic crises that rocked Russia for over a decade.

1つめは動乱時代についてです。EU3は一般イベントとして動乱時代についてのイベントを持っていました、そしてそれは維持されます、名前は変えますが。つまり我々は「動乱時代」を10年以上にわたってロシアを混乱に陥れた危機を表現するのに使うことができます。

In Europa Universalis IV, Russia runs the risk of running into their Time of Troubles at any point between 1550 and 1650 if its stability is low. This event series gives neighbors the chance to back pretenders to the Russian throne and extend the chaos within the Eastern giant. How will you handle it as a player?

EU4では、ロシアは1550年から1650年までの任意の期間、安定度が低ければ動乱時代に陥ります。
このイベントシリーズでは隣国に王位僭称者を支援し、混乱を助長させるチャンスが与えられます。

Now don't get the idea that all major Dynamical Historical Events are purely bad or challenging for the player! There will be event chains that are quite helpful as well. Russia has one of the most interesting big event-chains in the Grand Embassy dynamic historical event. If , past a certain date, Russia has not yet westernised, and its monarch has good stats, . the roaming king can then travel around Europe, learning various things for your country, and increase relations with neutral nations. This models what Peter the Great did in the late 17th century.

とはいえ、主要なダイナミックヒストリカルイベントがどれもプレイヤーにとって純粋に悪いもので、チャレンジングなものであるとは考えないでください!
それらのイベント連鎖はとても役立つものでありえます。
ロシアはとても興味深い大イベントをもっています ー Grand Embassyダイナミックヒストリカルイベントチェイン。
もし、過去ロシアがいまだ西洋化されておらず、君主がよいステータスを持っていた場合、roaming kingはヨーロッパ中を旅行することができ、数多のことを学び、中立国家との関係を改善することが出来ます。このイベントのモデルはピョートル大帝が17世紀後半に行ったことです。

Missions and Decisions...
The Russian missions are still mostly geared towards expanding and forming a Russia with historical borders, and we have kept the Russian decisions from Europa Universalis III, including the possibility to form Russia itself if it doesn't exist and you are a strong nation with Russian culture controlling the important cities in the region.

ミッションとディシション
ロシアのミッションは依然比類なき拡張に関するものと、歴史的なロシアの国境に関するものです。また、私たちはEU3におけるロシアのディシションをそのまま維持しています。ロシアに変体する可能性は増しています。もしロシアが存在しておらず、あなたがロシア文化をもつ重要都市を支配しているなら、ロシアに変体できるでしょう。

Russian National Ideas.
The Russian idea set is common to all countries that have Russian as their primary culture, as our major goal is to get one united Russia – the state that forms it is not as important. We are still debating whether Novgorod should be unique or not; it is a major player in the Russian theater, but also has many attributes that distinguish it from principalities like Muscovy and Kiev.

ロシアのNI
ロシアのアイデアはロシア文化をもつすべての国に共通のものです。あなたの主な目的はロシア諸国を統一することで、ロシアに変体すること以外に重要なものなどありません。
私たちはずっと、ノヴゴロドをロシア文化から独立したものとして扱うか否かで議論してきました。
ノヴゴロドはロシア地域の主要なプレイヤーですが、モスクワやキエフといった諸国とは多くの差異があるからです。

The Russians start with two traditions that should feel rather natural to anyone who played them in the previous versions of the game. They get 25% extra manpower and 20% cheaper infantry.

ロシアはプレイヤーが以前のバージョンのゲームよりもより自然に感じられるであろう2つの伝統をもってスタートします。25%の追加のマンパワーと20%安価な歩兵。

The 7 National Ideas for Russia are:

  1. Subednik: 10% more tax income.
  2. The Streltsy: 50% higher land force limit.
  3. Opprichina: 30% cheaper infantry, and 10% faster manpower recovery.
  4. Abolishment of Mestnichestvo: 10% more production efficiency.
  5. Siberian Frontier: +1 colonist, and auto-exploration of all territory adjacent to owned home territory.
  6. Table of Ranks: +1% army tradition/year.
  7. Curriculum of the Cadet Corps: 10% cheaper technology.

ロシアの7つのNIは以下のとおりです。

  1. Subednik: 10% 追加税収入 (訳者: EU2 AGCEEPだと1495に Subednik LawというイベントでFine Arts Academyが首都にもらえたのですが、関係あるかなあ)
  2. ストレリツィ(訳者: イヴァン4世が創設したロシア発の常備軍、兵種としては16-17世紀のロシア歩兵のこと): 陸軍限界を50%向上
  3. オプリーチニナ(イヴァン4世に使えた直属家臣団であり、貴族を弾圧した): 30%安価な歩兵。マンパワー回復速度を10%改善。
  4. 門地制の廃止(訳者:1682年フョードル3世が行った改革で、それ以前は身分により軍司令官が任命されていたためしばしば国土防衛に支障をきたした): production efficiency +10%
  5. シベリア開拓: +1 colonist, 所有するホームテリトリー(訳者:コア州と同じ意味なのかはっきりしない)に隣接するすべてのテリトリーが自動的に拡張される
  6. 序列表(訳者:1722年にピョートル大帝により導入された軍、行政、宮廷の序列の明確化): +1% army tradition/year
  7. 軍幼年学校(訳者:1732年サンクトペテルブルクにて特権階級の子弟の教育期間として設置。最初は陸軍のみだったが後に海軍にも拡大された): テクノロジーが10% 安価に

The reward for gaining all seven is +100% on manpower.

上記7つすべての国策を取得すると +100%のマンパワーボーナス。

With these ideas, a Russian nation will be a country relying on a large number of infantry, and can easily afford them. The Siberian Frontier Idea allows them to colonise towards Siberia without being forced to take the exploration ideas that drive expansion for other potential colonial powers.

これらのアイデアによりロシアは大規模な歩兵をもち用意にそれを維持をすることが出来ます。シベリア開拓アイデアはシベリア植民を explorationアイデアをとらずに拡張できる余地を与えます。

Bonus details: Army & Navy Tradition changes.

ボーナスの詳細 陸軍と海軍の伝統システムの変更

As a little bonus today, I'm going to talk about the changes we did to the army and navy traditions for Europa Universalis IV. First of all, recruiting a leader does not reduce the military tradition, as you usually can only afford a few leaders at a time. You use Military Power accrued by the monarch and his advisors to hire them instead. It is also slightly harder to maintain a high tradition, especially in peace time

今日のちょっとしたボーナスは、EU4の陸軍伝統、海軍伝統の変更について話すよ。
最初に、リーダーを雇うのは軍事伝統を減らしません。普段満足いくリーダーを少数しか同時に得られないために。
君主のミリタリーパワーとアドバイザーを代わりに使います。
また高い軍伝統を維持するのはすこしばかり困難になっています、特に平和時には。

Secondly, military tradition now also gives a bonus depending on its strength. Army tradition gives you higher morale and quicker manpower recovery, and naval tradition gives you higher morale and better trade steering.

2つね、軍事伝統はいまやそのstrengthに比例したボーナスを与えます。陸軍伝統はモラルボーナスと素早いマンパワー回復を与えます。海軍伝統はモラルボーナスと交易ボーナスを与えます。

Thirdly, you can now also increase naval tradition by having trading missions going with your fleets (scaled by your naval force limits) so that if your entire fleet is out doing trade missions, you get an extra +1% naval tradition per year.

3つめ、いまや海軍伝統は交易ミッションに参加している船舶数(の海軍維持限界からの割合)によっても上昇します。もしすべての船舶が交易ミッションに出払っていた場合、毎年+1% の海軍伝統を獲得するでしょう。

Finally, tradition is now changed each month instead of just at the end of the year.

さいごに、伝統はいまや年末だけではなく毎月変更されます。

That´s all for now!

原文掲載サイト:
http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1165-Europa-Universalis-IV-Developer-Diary-10-It-all-belongs-to-Mother-Russia...&s=8c393d5721ee897113a265a95f0a6207

前 - EU4 開発日記09 新しい交易システム
次 - EU4 開発日記11 新しい技術開発システム


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-26 (金) 21:16:36