EU3講座

Europa Universalis IV Developer diary 18 - Sail away with me!
by Johan
Published on 25-01-2013 18:35

ヨーロッパ・ユニバーサリスIV - 開発日記 18 - 航海に出よう!
著:ヨハン
発行日:2013年1月25日

Welcome to the 18th development diary on Europa Universalis. This time we focus on Portugal, one of the more unlikely empires in history, a country whose sailors and explorers were so instrumental in ensuring that Europe would be the dominant region of the world.

ようこそ、ヨーロッパ・ユニバーサリスの18番目の開発日記へ。今回は歴史上で帝国らしくない国の一つであり、その国の航海者や探検家がヨーロッパが世界における支配的な地位を確保する上での重要な役割を果たした国、ポルトガルに焦点を当てます。

Portuguese Possibilities
ポルトガルの可能性

Historically, Portugal’s fate was intimately connected with that of its larger neighbor to the west, Castile/Spain. Though for a time the two nations were united under a single crown, Portugal was able to maintain its independence through strong diplomacy, a powerful merchant fleet and a global empire that could serve as the treasury for a sometimes put upon country.

歴史的に、ポルトガルの運命は西へ向かおうとする巨大な隣国、カスティーリャ/スペインと密接に結びついています。両国は単独の王冠の元に統一された時期もありましたが、ポルトガルは強力な外交、力ある商用艦隊、そして巨大帝国を他国へ嫌がらせをするための資金源とすることにより、自己の独立を維持することができました。

So, Portugal starts in a rather weak position. They are at the far edge of Europe with no obvious weaker Christian neighbor to conquer, and her own territory is rather small and poor at the start. You need to get a good friend in either Castile or Aragon, and then focus on exploring and expanding a colonial empire to bring you the riches.
Portugal does open the game in a relatively strong diplomatic position. First, it is allied with England, an alliance that would survive for centuries in one for or another. And second, it doesn’t take a lot of poking for Spain to agree to be friends ? Castile has more fertile ground for expansion to the north east.

それで、ポルトガルは相対的に弱い立場で始まります。ヨーロッパの端で征服しやすいはっきりと弱いキリスト教国の隣人はおらず、開始時の領地は小さく、貧しいものです。カスティーリャとアラゴンとはよい友人でいる必要があるでしょう、それから豊かになるために探検をし、植民地帝国として拡張していくことに焦点を合わせるべきでしょう。

Portugal’s Moroccan outpost in Ceuta is a good holding if you want to go for land expansion in North Africa, but Portugal’s biggest early game assets are her colonies in the Azores in the mid-Atlantic and Madeira on the West African coast. These serve as early landing pads for Portuguese explorers to take refuge in, giving her a head start in the claim for new lands in new worlds and for opening up new trade opportunities as new nodes are uncovered.
And, fortunately, Portugal starts in 1444 with a bunch of explorers. Each one deducts a point from the Military Power pool, but they also give this small country a huge advantage in mapping the sea lanes, finding the route to India and maybe starting an empire before it is forced to rely on the Quest for the New World idea like everyone else.

ポルトガルのモロッコにおける前哨地であるセウタは北アフリカから陸地探索をするにはよい領地ですが、ポルトガルのゲーム初期最大の強みは中部大西洋にあるアゾレス諸島と、西アフリカ沿岸にあるマディラの二つの植民地です。これらはポルトガルの探検家にとって初期の避難場所となり、新世界で新しい土地を得るために有利なスタートを切らせるものとなり、新しい交易ノードの発見による交易の機会をもたらすでしょう。
そして、幸運なことに、1444年の開始時においてポルトガルは一団の探検隊を有しています。それぞれ1ポイントを軍事力プールから消費しますが、彼らはこの小さな国に海図作成における絶大なアドバンテージを与え、インドへの道を見つけ、他の国家のように「新世界の探索」に頼らざるを得なくなる以前に帝国として始動させるでしょう。

Portuguese Dynamic Historical Events
ポルトガルの動的歴史イベント

Portugal was kind of given short shrift with historical events in Europa Universalis II, the last game in this series to rely heavily on them. We’ve redressed the balance by giving the Portuguese some very interesting dynamic historical events.
Before traveling to Castile, Christopher Columbus originally sought financing for his expedition from the Portuguese King. He was turned down twice. Once explorer Bartholomeu Dias had successfully rounded the Cape of Good Hope, an eastern sea route to Asia now seemed more likely than Columbus’s Western idea. Columbus may make an offer to Portugal between 1485 and 1492.

ポルトガルは、歴史イベントに重点を置いたシリーズ中最後のものであるヨーロッパ・ユニバーサリスⅡにおいて、その扱いは軽いものでした。我々はポルトガルに幾つかのタイヘン興味深い動的歴史イベントを与えることにより、この点を調整しました。
クリストファー・コロンブスはカスティーリャに行く前に最初は探検の援助をポルトガル王に求めました。彼は二度拒絶されました。一度は探検家、バーソロミュー・ディアスが喜望峰を回ることに成功し、アジアへの東回りルートがコロンブスの西回りの考えよりよいものと見えたからでした。コロンブスはポルトガルに対する嘆願を1485年から1492年の間にするでしょう。

King Sebastiao's Expedition to North Africa and his crusade against Morocco can happen in the second half on the 16th century if Portugal is independent. Historically, Portugal was defeated at the battle of Al-Khazar Kebir, where the King was killed along with most of the Portuguese nobility fighting with him. This disaster led the way to Spanish control of Portugal and was the starting point of Portugal's decline. In the game, this event puts Portugal at the front of a Crusade with some small bonuses.

セバスティアン王の北アフリカ遠征と彼のモロッコに対する十字軍は、ポルトガルが独立しているならば16世紀後半に起こります。
歴史的に、ポルトガルはアルカセル・キビールの戦いで敗れ、王と、共に戦った貴族の多くが殺されました。この不幸な出来事によってポルトガルはスペインの制御下に置かれ、ポルトガルの衰退が始まりました。ゲームでは、このイベントはポルトガルを十字軍の最前線に置き、幾つかの小さなボーナスを与えます。

The Capture of the Santa Catarina was an incident exacerbated the tensions in the Far East between the Portuguese and her Duthc rivals Though they had no official authorization to do so, a vessel under the direction of the Dutch East India Company seized a Portuguese carrack and its cargo worth 2.2 million guilders - effectively doubling the capital of the entire Dutch East India Company. Even though the Netherlands and Portugal were at war, the Companies weren’t, so the legality of the capture was questioned, leading to another war between the two countries and, more importantly, to the efforts of Dutch jurist Hugo Grotius to work out the laws of sea in his “Mare Liberum”. In the game, this incident may happen at any point between 1550 and 1650 if both nations trade are engaged in any Far East trade node.

サンタ・カタリナ号の拿捕は極東におけるポルトガルとオランダの間の緊張状態を悪化させた出来事です。権限などないにも関わらず、オランダ東インド会社の指示下の船はポルトガルのキャラックと220万ギルダー――大体オランダ東インド会社の資産の二倍――の価値があるその積荷を奪いました。オランダとポルトガルは戦争状態でしたが会社はそうではなかったため、拿捕の正当性が疑問視され、両国はさらなる戦争へと引き込まれました。そして、より重要なこととして、オランダの法学家フーゴー・グローティウスが「自由海論」の中で海に関する法律を発表する要因となりました。ゲームにおいて、この出来事は1550年から1650年の間に、両国の商人が極東の交易ノードで接触した場合に発生します。

Portuguese Missions & Decisions
ポルトガルのミッションとDecision

There were no specific Portuguese decisions in Europa Universalis III, and none had been added yet so far in the development. Time will tell if we add some now. The missions are focused on driving their expansion into Brazil, Africa and India.

ヨーロッパ・ユニバーサリスⅢではポルトガルの特別な政策はなく、開発中の現段階ではまだ追加されていません。何か追加されるものがあれば、その時明らかになるでしょう。ミッションは国家の拡張をブラジル、アフリカ、インドへと方向付けます。

Portuguese National Ideas
ポルトガルの国策

Portugal’s traditional power gives it 30% extra trade range and a 5% boost to trade efficiency.

ポルトガルの伝統は交易範囲+30%と交易効率+5%です。

1.Afonsine Ordinances: +10% production efficiency
2.Legacy of the Navigator: +25% colonial range
3.Case de India: +10% Trade Power
4.The Bandeirantes: +1 Merchant
5.Royal Absolutism: 25% cheaper buildings.
6.Land before Faith: +15% colonial growth.
7.Open up the Guilds: +10% trade Income

1.アフォンソの布告:生産効率+10%
2.先導者の遺産:植民範囲+25%
3.インド庁:交易力+10%
4.バンデランテス(訳者注:ブラジル方面の探検家):商人+1
5.王権の絶対性:建造物コスト-25%
6.未信者の地:植民地成長+15%
7.ギルドの開放:交易収入+10%

When Portugal unlocked all of its National Idea, it gets a +20% bonus to overseas income. Portugal is clearly designed to be a colonial power, geared towards creating a global empire and then benefit from its trade. The colonial range bonus will let it exploit the furthest reaches of the Indies and the boost to trade power will be very helpful in letting it compete in these farflung markets where it can’t count on dominating every port. Throw in the extra merchant, and by mid-game, Portugal will be a trade empire even if she never expands out of her cozy home on the continent.

ポルトガルが全ての国策を解除した場合、海外収入+20%を得ます。ポルトガルは植民強国となるよう明確にデザインされており、世界的な帝国となり交易によって利益を得るよう調整されいます。植民範囲のボーナスは探検家を最も遠い場所であるインドまで到達できるようにし、交易力の強化は遠い市場まででかけてゆき、数え切れないほどの港を独占することを助けるでしょう。さらなる商人の追加はゲーム中盤において、大陸の居心地のいい家から拡張することをしなくてもポルトガルを交易帝国とするでしょう。

Bonus Detail: Colonization
追加詳細:植民

The colonization system in Europa Universalis IIII worked well, but had one small annoyance; you had to continually send out your colonists. We looked to see what we can do with the sending colonist mechanic to make it less of a chore while at the same time keep the feel of the old system.
Now, when you send out a colonist, you automatically succeed, but only 10 people arrive in this new land. And they take a while to grow; if you leave your colonist envoy there then it will help the colony grow faster - but he can’t be everywhere at once. Every month, the colonist envoy will have a chance to add to the population of the colony, based on the old success formula you are familiar with.

ヨーロッパ・ユニバーサリスⅢの植民システムは上手く機能していました、しかし1つの小さな問題点がありました:植民者を繰り返し送り続けなければならない、ということです。我々は植民者を送り出すシステムを、どうすれば面倒を少なくし、それでいて昔のシステムのような感じを維持できるかを考えました。
いまや、植民者を送り出した場合それは自動的に成功します、しかし新しい土地にはたった10人が到着するだけです。そして彼らは成長し続けます:もしあなたが植民者を残したままにするなら、植民地の成長を早める助けになります――しかし、植民者は一度にあちこちにいられるわけではありません。毎月、植民者はあなたの慣れ親しんだ成功率ぼ計算式に従って植民地の人口を増やすチャンスがあります。

So instead of spamming out colonists as soon as you got a new one, you now place your limited colonial envoys in building up colonies, in a more strategic way. Where do you want to emphasize your growth? When do you relocate your envoy?

それで、あなたは植民者を得るやいなや片っ端から送り出す代わりに、限られた植民者を植民地の建設に、より戦略的な仕方で配置できます。どこに成長の重点を置きますか? Envoyをいつ再配置するのでしょうか?

原文掲載サイト:
http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1263-Europa-Universalis-IV-Developer-diary-18-–-Sail-away-with-me!

翻訳:翻訳係V3 2013/1/21


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-30 (水) 23:06:05