プレイレポ

worldmap.jpg
1502年の世界地図 Wikiより

 ヨーロッパは長年に渡り狭い領土の中でいわゆるキリスト教的な生活を強いられてきました
その鬱屈された精神が内側に内燃されたのがルネサンス運動なら、外側に開放された結果こそが
大航海時代の始まりとは言えないでしょうか
1492年 コロンブスはアメリカ大陸に到達しました 元々外海への探検の始まりは、イスラム勢力による
地中海の席巻により、それまでキリスト強国の貿易経済を支えていた地中海貿易の利益が激減したことによります
新たな交易航路を求めて始まった各国の探検レースは人々の好奇心を刺激し、また貴族でも
大商人でもない者が一回の航海で大きな富を手に入れる一大イベントでもあります 

人々は競って海外へ繰り出しました そして多くの人間が夢を叶え、また命を落としたのです
ルネサンスと大航海時代 日本では起こりえなかった二つの改革がヨーロッパを世界にリードせしめる切欠となりました

太陽の都

Napoling2.jpg
美しいナポリの街並み Wikiより

 燦燦と輝く太陽に美しい土地 陽気で良心的な人々
「ナポリを見てから死ね」という聞こえの悪いことわざがあるほどに
ヨーロッパでも指折りの観光地ナポリ 
しかし明るいイメージとは裏腹にナポリの歴史は他国からの支配の歴史でもあります
ノルマン人やアラゴン朝に権力を奪われ続けたナポリ
ゲーム内でもブルゴーニュに王家を奪われ、領土の大半をミラノに奪われたあげく
教皇に滅ぼされました

なんだか可哀想になってきますがそれでもナポリの人々は歌って踊ってピザを焼きます
なぜなら彼らは陽気なナポリ人だから!

ジェノヴァをめぐる戦争

南イタリアまで勢力を伸ばしたミラノ
相変わらず経済は順調 目指せ大海軍をキャッチフレーズに作られた地中海艦隊のために
造船所も大忙しです 船はお金かかるねえ

いい気になってぼんやりしていると保護を宣言していたジェノヴァから急使が・・・
ブルゴーニュ戦争で勝ち組に入り調子に乗ったサヴォイに攻め込まれたとのこと
救援要請に応じてミラノは軍を向かわせます

・・・おや?ジェノヴァがサヴォイに圧倒されている
ひとつしか領地のないジェノヴァは占領されたら併合されちゃうじゃないか
ふむ、興味深い ちょっと様子をみてみよー

あぁ!ジェノヴァが併合された!許せん!サヴォイめー
サヴォイ軍を撃破したミラノはジェノヴァを手にいれ、サヴォイを属国にしました めでたしめでたし☆

ミラノと列強たち

今やマムシの紋章はイタリア中に翻っています
残る勢力はフィレンツェ・シチリア・そして教皇領 彼らはミラノに対抗するかのように
互いに同盟を結んでいます 恐らくは集まってミラノの陰口でも言ってるのでしょう

mila.jpg
もはやミラノのイタリア制覇は誰の目にも明らか サルデーニャとかは今は忘れましょう

そんなイタリアより数千キロ北西 ブリテン島ではイングランドがスコットランドを制圧し
史実よりずっと早くブリテンは統合されました 新たにイギリスとして生まれ変わったかの国は
ミラノにとって目標になりました

イギリスだけではありません
東方で広大な領土を元にいつの間にか建国されたロシア
イベリア半島を完全に制圧したカスティーリャ
ブルゴーニュを破り統一された君主国家フランス
強大なボヘミアに勝負を挑みこれを下したドイツ圏の新しい盟主オーストリア
ビザンツを滅ぼしキリスト圏を脅かすイスラム国家・オスマン

地域平定を成しつつあるツワモノ達 中でもナンバーワンはカスティーリャです
間違いなく世界一の発言力をもつこの国はイベリアだけではなくアフリカ大陸の北部を
押さえ、オスマンと領土争いをするまでに拡大しています
何やら新航路の探検に着手している模様 地球は本当に丸いのかな?

ローマ進軍

ミラノがイタリアの真の盟主たるには避けて通れないモチ いや道があります
それはローマを手に入れること 永遠の都はミラノを待っています

教皇領との間に境界線をめぐる紛争が起こりました
ミラノにとっては願ってもない これは重大事件化してしまいましょう
ローマの所有権を唱えたミラノは教皇領に侵攻します
イタリアに残されたミラノ以外の勢力は一致団結 フィレンツェ・シチリアが
宣戦布告してきます 彼らも必死なんでしょう

主力軍はミラノの誇る名将OOO(名前忘れた)
ローマ近郊において教皇軍を打ち破ると、そのままローマ市街に突撃して一気に占領します

港から追い出された教皇の艦隊は待ち構えていた地中海艦隊に粉砕されました

教皇に組したフィレンツェも最後まで勇敢に戦いましたが、ミラノ軍によって全滅
シチリア軍はシチリア島に逃げ帰りました

こうして、フィレンツェはミラノ公国に組み込まれ、教皇は追放
ついにローマはヴィスコンティの手に落ちました

まだいわゆる「未回収のイタリア」は存在します
しかしイタリア半島はミラノによって統一されました
今や群雄割拠の長靴ではありません 地中海に咬みつくマムシだ 全ての道はミラノ経由でローマに通ず
ミラノ公国はヨーロッパの列強の一角として名乗りを上げました

国内戦争は終わりました これからは外の世界に踏み出しましょう
外?外ってどこだろう ドイツ?それともバルカン半島?いやもっと遠くだ
遥かなる海 夢は西に向かって大きく開かれています

euro.jpg
イタリア半島は統一されました。イタリア建国には時間がかかりますが、ヴィスコンティの夢は広がるばかりです

添付ファイル: fileeuro.jpg 285件 [詳細] filemila.jpg 251件 [詳細] fileNapoling2.jpg 226件 [詳細] fileNapoling.jpg 114件 [詳細] fileworldmap.jpg 389件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-03 (月) 23:18:48