※最新の拡張パックHTTTに基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。
※リンク先の情報はHTTTに基づいていないかもしれません。

技術

技術は5つの分野に分かれており、経済(Economy)画面で現在の技術レベルを確認でき、技術開発への投資金額を決定できます。

  • 政府(Govermnent)・・・選べる政治体制(政治体制一覧を参照)、国策(National Ideas)が増える。
  • 生産(Production)・・・建設できる施設の種類が増える。
  • 交易(Trade)・・・商人の競争力や、交易の効率が上がる。
  • 海軍(Naval)・・・建造できる艦艇の種類が増える。士気が上がる。植民できる距離が伸びる。
  • 陸軍(Land)・・・徴集できる陸軍の種類が増える。士気が上がる。

※投資効果は概要です。

経済(Economy)画面上は、陸軍(Land)の下に、安定度(Stability)、国庫収入(Treasury)がありますが、これは技術ではありません。

技術に似た効果をもち、プレイヤーの意志で選択できるものとして国策(National Ideas)と宮廷顧問(Adviser)があります。

国策

HTTTの国策

国策は、技術のレベルが向上すると選択できるようになります。選択できる国策の総数は政府技術のレベルで決まります。レベル4で1つめ、レベル9で2つめといった具合です。海軍(Naval)、陸軍(Land)、探索(Exploration)、国家(State)、文化(Culture)に分類されており、解禁レベルに制限がある一部の国策を除いては、任意に選択できます。序盤でよく選択するものとして、征服者や探検者を雇えるようになる新世界の探索(Quest for the New World )がありますが、これを選ぶには政府レベル4以上は当然として、交易技術(Trade Technology)についてもレベル7が必要です。

安定度を犠牲にすれば(マイナス3)、一度選択したものを変更することもできます。安定度の回復が早い小国の場合には、新世界の探索に一旦変更して征服者や探検者を雇ってから、元の国策に戻すのもありです。

宮廷顧問

HTTTの宮廷顧問

宮廷顧問(Adviser)は、仕官待ちしている者たちを3名まで雇えます。宮廷顧問の種類と効果の概要はイン・ノミネのマニュアルか【日本語版イン・ノミネ】宮廷顧問あたりに大体は記載されているので参照してください。それぞれの宮廷顧問には能力のレベルがあります。例えばタレイランは、大使(Ambassador)のレベル6(最高)でありレベル1の6人分の働きをします。欲しい種類の宮廷顧問が仕官待ちしている中にいない場合には、文化伝統などを消費して養成することもできます。しかし開始1年後には他国から大放流されますので、ろくな連中がいない場合はムリに雇ったり養成したりせず、まずは1年後の10月14日を楽しみに待ちましょう。

なお開始時点で仕官待ちしている者や、自ら養成した者は、自国出身者ということになっており、1年間(365日)は他国に雇われません。また自国出身者が他国に雇われた場合、自国に支度金らしき臨時収入が入ります。

文化伝統が高いほどレベルの高い宮廷顧問が養成できますので、100%になるまで待ってからレベル6の顧問を雇うのがお勧めです。100%からの養成3連発でレベル6、5、4トリオを作ったり、長官(Majistrate)数名を貯めておき、政策を併用して文化伝統を100%に戻しつつレベル6コンビを作ったりもできるのでお得です。

文化伝統を早く貯めるには、(文化伝統が増える年初時点で)多数の商人をCoTで維持しており、戦争をしておらず、文化伝統に特典があるいくつかの政策を採用していることが重要です。

まとめ

他のゲームと比べて難しい点は、

  • 月ごとの歳入=技術開発への投資+安定度への投資+国庫収入という恒等式になっており、技術以外の投資がほとんど常に優先となるので、技術投資だけ独立して考えることができない。歳入が落ち込むと、技術開発という行為自体がなくなる。
  • 技術はレベルだけで表現されるが、レベルごとの効果がぱっと見で分からない(マニュアルの付録や技術ツリーを見ること)。また効果が地味なので、どこで投資分野を切り替えるか判断しづらい。
  • 歳入の少ない小国の場合、技術開発への投資よりも、君主、宮廷顧問の能力による補正の影響が大きいので、技術開発に身が入らない。
  • 技術分野ごとに分散投資することにほとんど意味は無いが、そうすることに意味がありそうな画面になっており紛らわしい。

とりあえず何をすればいいか分からない人は、

  • 追加の国策を得るために、政府(Government)に集中投資する。
  • マニュアルの付録や技術ツリーを見て、新しい効果が入手できる1レベル手前になっている技術に対して集中投資する。
  • 交易、植民(征服含む)を優先する場合は、新たな交易中心地や未発見の土地を発見するために、新世界への探索の国策が必要なので、交易(Trade)にも集中投資する。
  • 上記の条件に当てはまらない場合、なるべく陸軍を優先する。
  • EU3 In Nomine National Idea(国策)レビューの推奨どおり選ぶ。
    のがいいでしょう。

添付ファイル: fileGreat_Men.png 718件 [詳細] fileNational_Ideas.png 845件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-03 (木) 12:35:25