プレイレポ

Musketeers.jpg
マスケット銃を撃つ謎のおっさん達 Wikiより

 ヨーロッパの戦争は火薬兵器の普及によって激変します
とはいえ、それは急激な変化ではなく、その浸透は意外にゆったりしたものでした

火薬自体は7世紀頃にはすでに使用された記録が残っていますが、実際ヨーロッパの戦場で
有効な武器として活躍するのは14世紀頃まで待たなくてはいけません

初期の火薬兵器として有名な火縄銃も 軍人たちは有効な武器とは認識しつつも
初めはせいぜい敵の馬を驚かせたりする程度の使い方しかしなかったようです

しかし銃の規格が統一され始め、大量生産されるようになると状況は一変します
たくさんの銃による一斉射撃は、それまで戦場で決定的な破壊力を持っていた騎馬突撃に
強力な対抗力を発揮しました また巨大な砲身を持った大砲は城攻めの際に威力を見せ付けました

エルメス1世

フランスに敗れたミラノは国の建て直しが必要です
兵力を増強しつつインフレを下げなければいけないため 歳入はドンと減りました
まぁしばらくは我慢だ 厭戦感情が低くなれば収入は上がります じっとしてよう

それにしてもこの世界では、当主の跡継ぎが非常によく死にます てか死にすぎだろ
いままで長男が死ななかったこと一回もないんじゃないかな?
おかげで正統性は初代が亡くなってからずーーーーーと低いままです

そして現在の当主はエルメス1世 外交5行政5軍事7
高級ブランドを思わせる名前のこの人物は決して天才肌ではないものの
堅実な能力で国家を導きます

改革だ!

わが国は変わらなくてはいけません GWも終わったしね!
彼は沢山の改革を行いました 
まず一番大きなものとして 国家体制の変更をします
ミラノは管理君主制になりました!
今までの封建君主制とどう違うのかな?では封建制度とはなんでしょう
ここをお読みの皆様は十分にご存知と思うので細かい説明はやめときますが
要はこれまでのミラノは貴族集団のリーダーに過ぎませんでした

今回の管理君主制はゲームの説明によると 
高度に組織化された政治機構と官僚制度を通じて国家を運営・・・とあります
これまでの地方ごとに封臣がいて それぞれで自治を行う形は古くなってきたのでしょう
これは国家全体を指導する中央政府の原型が誕生したのだと解釈しています

もちろん、フランク王国から続く伝統の封建制度が消えたわけではありません
この古い制度は地方によっては19世紀まで続きました 少し拡大解釈をするなら現在でも存在しています

ともかく この改革により生産効率が10%アップしました やったー
中央集権を推し進めた一定の成果ですね これにより更に中央集権が可能になりました

次にエルメスは教会税を導入 このためだけにお坊さんを一瞬だけ雇いました
新法施工後 彼はその日の内に宮廷を追い出されました きえろハゲ
更に軍備の強化もしなければいけません フランス戦前後から使用可能になった
大砲を生産しましょう 大砲の進化は早く、すでにいくつもの種類が選択できます

船出の日

そして、フランス戦で遅れに遅れた新世界への旅立ちの準備が整いました
つい最近建設が可能になった カラベル船5隻 フルート船5隻 
そして歩兵3千と騎兵2千
これが記念すべきミラノ初の探検船団の全容です

率いるのは征服者カミーロ 提督は奇しくも当主と同じ名のエルメス
艦隊名は二人の名前をとってエルメス艦隊と名づけられました
カミーロとエルメスのコンビも緊張気味です

フランスとの戦争中 たくさんの新世界情報が入ってきました なにぶん戦争中だったので
ほとんど見ずにウィンドウを閉じてましたが、改めてじっくり見ると 世界の広さに驚かされます
遠大に広がる未知の世界には何が待っているのでしょう

出向の準備は整っています すでにカスティーリャを初めとする列強はアフリカや新大陸に進出しています
ミラノは出遅れを取り戻さなくてはいけません

1532年4月26日 ミラノの探検船団はローマ港を出港しました
美しいティレニア海を渡る船は、ひとますジブラルタルのカスティーリャ領を目指します
かの国には領内の通過許可をとっており、この探検では中継基地としてカスティーリャの港を
利用させてもらいます
今回の任務はアフリカ大陸を探検し、その南端を発見すること そしてできるならば
遥か東方の国・インドに到達することです 

さあ エルメスと一緒に冒険の旅に出かけましょう!
出発しんこー ぎゃー逆風だー

(次回からスクリーンショット貼ります)
船酔い船長ニコニコ航海記


添付ファイル: fileMusketeers.jpg 242件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-10 (月) 04:20:06 (3335d)