フランク王国再興

pis059.jpg

カッチを得たことにより、インド交易会社の設立に成功。

重商主義に振っていて、国威がMAXあるにせよ、ドイツ小国連中が元気なので
交易の独占体制が完璧とは言えない。
少しでも競争能力が上がるのはいいことである。

アンリィィーーーい!その2

pis060.jpg

1586年4月
後継者アンリ、前年に続いてまた病に倒れる。
今回も医師団の働きにより50%の確率で一命を取りとめた。

アンリ・ド・ヴァロワ12歳、前途多難である。

1586年6月、悪評5.7、クリミア侵攻

pis061.jpg

内乱中だったこの地域に新興国家クリミアが誕生

pis066.jpg

したので、併合しておいた。できたての国家オイシイです。悪評8.3

pis067.jpg

この頃の南米
順調である。本格的に殖民を開始してからわずか25年、遊牧民ボーナスはやはり効果的。

1589年2月、悪評6.8、第2次マムルーク侵攻

pis070.jpg

休戦協定も明けたので、再度マムルーク朝に侵攻。
今回の戦略目標は、聖地の奪還とシナイ半島=紅海ルートの奪取である。

pis071.jpg

計4個師団で、要塞を突撃で破壊しながら速攻をかける。

pis074.jpg

1589年8月
戦勝点42点で、10領奪って和平。悪評16.0。
アラビア半島側に広いのは、戦勝点コストが安かったのと、
旧オマーン領に防衛施設2が多かったゆえか。

1590年6月、悪評14.5、対アチェ侵攻

pis077.jpg

東南アジア方面もほぼ探索したので、アチェ、および属国マラッカに宣戦布告。
目標はCOTのあるマラッカ1領である、とりあえず。

pis079.jpg

ところが、ここで誤算が。
アチェは現在、バリ、パッターニ連合と交戦中で、いくつかプロヴィンスを占領されている。

ここまでは事前の調査で予測できたのだが・・・

なんと、アチェの首都がマラッカにあるじゃないか。
なんで遷都してんだよ~

敵国の首都プロヴィンスを落としたい時は、もう全土併合するしかないわけだが、
すでにバリとパッターニにいくつか占領されている。

そこで、フランスの採った選択は・・・

pis080.jpg
pis081.jpg

当然、バリとパッターニに宣戦布告して、占領下のアチェ領を奪う暴挙に出る。

pis082.jpg

結局、相争う東南アジアを、全部敵に回すフランスの雄姿がこれである。うーんひどい。

pis087.jpg

それを見たチェロキーがケンカを売ってくるという。うーんウザイ。

pis099.jpg

1592年12月
結局、アチェとマラッカとパッターニを全部併合して、東南アジアは平和になったのだ。
悪評、20.9。

日本発見

pis118.jpg

マラッカ海峡から先もようやく探検開始。
日本が発見されたのは、史実から大きく遅れた1594年のことである。

NEXT
我は国家なり


添付ファイル: filepis118.jpg 109件 [詳細] filepis099.jpg 89件 [詳細] filepis087.jpg 97件 [詳細] filepis082.jpg 92件 [詳細] filepis081.jpg 113件 [詳細] filepis080.jpg 102件 [詳細] filepis079.jpg 116件 [詳細] filepis077.jpg 96件 [詳細] filepis074.jpg 94件 [詳細] filepis071.jpg 97件 [詳細] filepis070.jpg 91件 [詳細] filepis067.jpg 90件 [詳細] filepis066.jpg 89件 [詳細] filepis061.jpg 104件 [詳細] filepis060.jpg 107件 [詳細] filepis059.jpg 91件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-25 (水) 03:56:33