EU3講座

Europa Universalis IV – Development Diary 7 – And did those feet in ancient time....
by Johan
Published on 19-10-2012

ヨーロッパ・ユニバーサリスIV - 開発日記 7 - 古代のあの足が…
著: ヨハン
発行日: 2012年10月19日

“This England never did, nor never shall,
Lie at the proud foot of a conqueror”

「イングランドは敵の足元に屈することはなかったし、これからも無いであろう」

Welcome to the 7th development diary for Europa Universalis IV,
where we talk about the dominant power by the end of the Europa Universalis time frame, the country formerly known as England.
England can be considered both as one of the easier nations to play, but also one of the more challenging nations. That´s a paradox, you say?
Well, it all depends on what you wish to accomplish and what kind of empire you want to create

ヨーロッパ・ユニバーサリスIVの開発日記第7回目へとようこそ。 今回のテーマは、ヨーロッパ・ユニバーサリスの扱う歴史期間の終わりまでに世界の支配的な大国となった、それまでは単にイングランドと呼ばれていた国についてです。 イングランドは最もプレイしやすい国の一つであると同時に、かなりやりがいのある国の一つでもあります。 これこそ矛盾(paradox)ですよね? ふむ、これは全てあなたが何を達成したいのか、そしてどんな帝国を作りたいのかに掛かっているからです。

The unique possibilities of England
What truly makes England unique to play is that the country has natural borders protecting it and that you can strengthen those borders dramatically with rather cheap investments. You can decide to let England get involved in the continent, from a safe position, or choose to isolate England and go overseas. The country also sits on a bloody nice position to control the trade from the Baltic and from North America. So the options are huge for you to take England in plenty of directions when creating your empire.

イングランドの特殊な可能性
イングランドでプレイするのを本当に特別なものとしているのは、その国を守る自然の国境であり、比較的安価な投資でこの防壁は劇的に強化できるという点です。 イングランドのプレイヤーとして、安全な位置から大陸の情勢に関わることもできますし、イングランドを孤立させ、海外へと出て行くという選択肢もあります。 この国の配置はバルト海や北アメリカからの交易を制御するのに信じられないほどいい位置でもあります。 ですから、選択肢は無数にあり、様々な形態の帝国をこの国で作り上げることができるでしょう。

England’s Dynamic Historical Events
England is has one of the richest and best known histories. That may sound lovely for you guys, but it also means that we have had to work hard when it comes to decisions about historical events to include in Europa Universalis IV. The important countries in EU4 have a lot of events going on, so some of those major historical events have been turned into the starting points of large event chains that we call Dynamic Historical Events.

イングランドの連続歴史イベント
イングランドは素晴らしい歴史に満ち、またその歴史がよく知られている国の一つです。 これはプレイヤーの皆さんにとっては好ましいこと化もしれませんが、私たち開発側にとっては、ヨーロッパ・ユニバーサリスIVに含めるディシジョンや歴史イベントに関して大変な労力を必要とするということでもあります。 EU4の主要国には多くのイベントが用意されており、その中でも重要な歴史イベントの幾つかは大規模なイベントの連なり、いわゆる連続歴史イベント(Dynamic Historical Event, or DHE)、の開始点となっています。

War of the Roses is an excellent example of Dynamic Historical Events. If England in the 15th century has a ruler without an heir, that means that there is a likelihood of a large event chain beginning. The player has to select who to back for the throne, York or Lancaster. This decision will throw the country into turmoil with various parts declaring for either the red or white rose, and you have to make sure to eliminate the very strong, rather resilient pretenders. What makes this interesting is that this event chain is not an event series that is guaranteed to come every time you play as England. It only occurs if all the necessary underlying factors are fulfilled. When it happens, you won't have planned for it to arrive on schedule, like many people did when they played Europa Universalis II, the last game in the series with a serious focus on historical events. We hope that this variation will gives you rather unique experiences when you play major powers.

ばら戦争は連続歴史イベントの好例です。 もし15世紀のイングランドの支配者に後継者が欠けてしまったなら、大規模な歴史イベントの連続が始まる可能性が大です。 プレイヤーはヨークかランカスターかどちらの人物を後継者として手助けするのかを選ぶことになります。 この決定は、多くの地域が赤ばら派か白ばら派かを宣言するという不安定な状態へと国を追いやってしまいます。 そして、プレイヤーはかなり強力で、粘り強い偽王を消滅させねばならなくなります。 このイベントの連続を面白くしているのは、イングランドをプレイしていても毎回起こるイベントの連なりではないという点です。 これが起きるのは、その下敷きとなる必要条件が全て満たされた時だけです。 これが起きるときには、毎回同じ日時に発生するわけではないので、ヨーロッパ・ユニバーサリスIIで多くの人たちがやっていたように準備を整えておくことはできないのです。 (ヨーロッパ・ユニバーサリスIIはシリーズのいままでの作品中でも歴史イベントに焦点を絞った作品です) 私たちとしては、この変更が主要国をプレイする際に毎回特別な体験を味合わせてくれるであろうと期待しています。

The English Civil War will be another major event series that might encounter when you play as England, but we will not spoil it for you here yet.
England also has many smaller DHE, like The War of Captain Jenkin's Ear: if they are rivals with Spain, after 1700, then you can get a casus belli on Spain. Or an event like The Muscovy Trade Company, where if you discover the sea route to Archangelsk, and its owned by the Muscovites, then there is a likelihood of this historical event happening.

イギリス内戦も又、あなたたちがイングランドでプレイする際に遭遇するかもしれない大規模なイベントの連なりですが、これについては未だ後の楽しみとして取っておく事にしましょう。

England’s Missions & Decisions
We have kept the historical missions that existed in Europa Universalis III and we are expanding them for Europa Universalis IV, so you'll still see missions to conquer Scotland and colonize North America. When it comes to decisions, England still manually have to rely on the Wooden Wall, and make Calais into a Staple Port.

イングランドのミッションとディシジョン
私たちはヨーロッパ・ユニバーサリスIIIに存在した歴史ミッションをヨーロッパ・ユニバーサリスIVでも維持し、さらに内容を拡大することにしました。 ですから、スコットランドを征服せよ、や、北アメリカに殖民せよ、といったミッションにこれからも出会うことになります。 ディシジョンについても、手動で「木の壁」や「カレーをしっかりとした港にせよ」といった物を選ぶことになります。(翻訳者注: ミッションやディシジョンの日本語訳を調べてません、あしからず)

England’s National Ideas
The traditions that England starts with is a small boost in naval morale and a 5% boost to their trading efficiency.
The trading efficiency boost is due to the fact that the economy of England to fund their participation in the Hundred Years War was their taxation of the very profitable wool trade.

イングランドの国策
伝統により、イングランドは海軍の士気に少量の上昇と、交易効率に5%の追加を持った状態で始まります。
交易効率の追加ボーナスは、イングランドの百年戦争参戦の原資を捻出していた経済力は高利益な毛織物の交易への課税で成り立っていた、という事に由来しています。 

The 7 National Ideas for England are:

 Royal Navy : 25% higher naval force limit, and +10% more combat power for big ships.
 Eltham Ordinance : +15% higher tax.
 Secretaries of State : +1 diplomat
 Navigation Acts : +10% trade income, and +10% more combat power for light ships.
 Bill of Rights : -1 revolt risk.
 Reform of Commission Buying : +10% discipline
 Sick and Hurt Board : -50% Naval Attrition.

イングランドの7つの(特別な)国策は:

 王立海軍: 海軍の上限が25%上昇、大型船の戦闘力+10%
 エルサム法令: 税収+15%
 国務長官: 外交官+1
 航海条例: 交易収入+10%、小型船の戦闘力+10%
 権利章典: 反乱率-1
 購入委員会の改革: 規律+10%
 傷病人委員会: 海軍損耗-50%

Reward: English Ambition
When England has gotten all seven of their National Ideas, they get the bonus of 'English Ambitions' which gives them a +100% on their embargo efficiency.

報酬: イングランドの野望
イングランドが7つの国策を全て得たなら、「イングランドの野望」というボーナスを得ることができ、港の封鎖効率が+100%されます。

Here's a screenshot where I've cheated to show a little bit of the idea progress..

こちらに、国策の取得状況を少々水増しした写真を載せておきます…

Welcome back next week, where we'll talk in detail about the enhancements we've done to the religious aspect of the game!

来週は、ゲームにおける宗教の価値を向上させたことについて詳細をお話しますので、また来てくださいね!

原文掲載サイト:
http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1144-Europa-Universalis-IV---Development-Diary-7---And-did-those-feet-in-ancient-time....

翻訳補足: EU4とは関係のないことだが、日記の副題は一種の冗談になっている
第5回の「Return of the kings」は、指輪物語の第三部「王の帰還」と投資や賭けの収益(Return)とを掛けているし、
第6回の「Do you have any idea about it?」とは、英語の会話でよく使われる「分かっているの!?」といった感じの詰問口調の文句と、国策の「Idea」を掛けている。
第7回の副題は、ウィリアム・ブレイクの有名な詩の出だしであり、征服されることのないイングランド(または人の自由な精神)を歌っており、この回のテーマであるイングランドと掛けている。
この回の最初の一説はシェークスピアの「ジョン王」の最後の場面

前 - 開発日記06 政策、国策、国家の伝統
次 - 開発日記08 宗教の変更点


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-11 (金) 18:39:45 (2295d)