EU3講座

Europa Universalis IV - Developer Diary 12 - Dominium Maris Baltici
by Johan
Published on 23-11-2012

ヨーロッパ・ユニバーサリスIV開発日記12 - バルト海の覇権
著:ヨハン
発行日:2012/11/23

Tills han vitogat ser karolinen marscherar fram...
カロライン兵は前進する、敵の白目が見えるまで…*1

Welcome to the most important development diary on Europa Universalis IV as we go into detail about the most popular country to play - Sweden!

ヨーロッパユニバーサリスIVで最重要な開発日記へようこそ!今日詳しく説明するのは最もプレイヤーに人気のある国…その名はスウェーデン!

Swedish Possibilities
スウェーデンの可能性

In 1397 Queen Margaret I of Denmark created the personal union of Sweden, Norway, and Denmark through the Kalmar Union. However, Margaret's successors, who continued to rule from Denmark, were unable to control the Swedish nobility. So, to get the proper historical feeling when starting as Sweden, bring pressure on the Danes to prove that Swedes cannot be controlled.
Once you’ve broken free from the union, it’s time to plot your next move. Will you break the monopoly trading position of the Hansa, to reclaim the income you feel your country rightfully deserves? And then what?

1397年、女王マルグレーテ1世はカルマル同盟を結び、スウェーデン・ノルウェー・そしてデンマークの3国の同君連合を成立させました。しかし、マルグレーテの後継者はデンマークからの支配を続け、スウェーデンの貴族を掌握することができませんでした。そこで、スウェーデンでプレイを始めたときにより史実に近い雰囲気にするために、スウェーデン人を支配することは無理だということを示す圧力をデンマークに与えました。
連合を破棄し自由になれば、次は今後の構想を練る時です。交易におけるハンザの独占的地位を崩し、あなたの国が正当に受け取るべきである収益を取り戻すというのはいかがでしょう?さて、そのためには何をすれば?

The Hanseatic League was a trading bloc of merchants and states that sought civil and commercial privileges from the countries and cities along the coasts of the Baltic Sea. Because it had its own navy, the League was able to sweep the Baltic Sea free of pirates, so membership in the League brought a certain amount of protection and security. However, a Hansa port was only open to citizens of Hansa member cities and the agreements meant that these ports were free of all customs and taxes. The Hanseatic League turned Stockholm into the leading commercial and industrial city of Sweden, but it also ensured Hansa dominance over trade and economic life in the city. If you break this relationship, you will pay a price, but in return your king will most likely be considered a hero by the Swedish people. The peasantry, traditionally free, would see more of the economic benefits of trade flowing back to them rather than going to a feudal landowning class. If you manage to develop the country and free yourself from the Hanseatic League without provoking an economic crisis, you will experience the glory of Sweden’s golden era.

ハンザ同盟は交易のための商人連合であり、バルト海沿岸の他の国と都市から政治的・商業的特権を追求するための国家です。ハンザは独自の海軍を持っているため、彼らはバルト海の海賊を掃討することができ、それによって同盟のメンバーはある程度の保護と安全を享受できるのです。しかし、ハンザの港は同盟都市の市民にのみ開放されており、同盟との合意によって全ての関税や直接税を免除されています。ハンザ同盟によってストックホルムはスウェーデン随一の商業・工業都市になりましたが、それによってハンザの経済的支配はより確固としたものになりました。もしこの関係を絶てば、その代償を支払わされることになるでしょう。しかしその代わりに王はおそらくスウェーデンの人々から英雄だと見なされるはずです。伝統的に自由な立場だったスウェーデンの農民は、封建的な地主階級に向かわずに彼らの方に流れ込んでくる経済的利益を目の当たりにすることになります。国を発展させ、経済危機を招くことなくハンザ同盟を脱退することができれば、あなたはスウェーデンの黄金時代の栄光を体験できるでしょう。

The 17th century should see Sweden emerge as a European great power - if you keep a few things in mind. You are heavily dependent on trade, so you need either a navy strong enough to guard the ports or richer German Baltic provinces to exploit. You will have some good military opportunities and, as we’ll see, the ideas to make a strong military stand. Just remember to not push the constant warfare too long or the sometimes brittle Swedish economy might deteriorate. Manpower is a greater issue for Sweden than for her Russian neighbor, so a single defeat and a costly peace treaty can mean the beginning of the end for the glorious Swedish Empire. But you can do this! Now you can look back at the very poor and scarcely populated country on the fringe of European civilization, with no significant power or reputation, you started with.

17世紀という時代はヨーロッパの強国として台頭するスウェーデンを目撃することになるはずです…あなたがいくつかのことを忘れなければ。あなたは交易に依存しており、そのため強力な海軍が必要です。あなたの港を守るために、あるいはドイツの豊かなバルト海沿海州から「利益を得る」ために。
あなたは戦争の好機と、後でお目にかけますが、強力な軍備を確立させるアイデアにも恵まれるでしょう。戦争を長く続けすぎると、脆弱なスウェーデンの経済が崩壊しかねないことだけは覚えておいてください。人的資源の問題はロシアの隣人よりもスウェーデンの方が深刻です。たった一度の敗北、多くの犠牲を伴う和平が輝かしきスウェーデン帝国の終わりの始まりとなる可能性があるのです。しかしあなたならできます!振り返って見れば、あなたがゲームを始めた時はひどく貧乏でほとんど人も居ないヨーロッパ文明の辺境、力も名声も碌に無い国だったのですから。

Swedish Dynamic Historical Events
スウェーデンの動的歴史イベント

Sweden has many Dynamic Historical Events, with two major series for the player to experience.

スウェーデンで体験できる多くの動的歴史イベントには主に二つの大きな流れがあります。

The first is the Dacke Feud. In the mid 16th century, the Swedish crown sought to centralize its power and raise additional revenue by first, making tax collection more efficient thereby adding new burdens to peasants, and second, seizing Catholic properties to both further promote Lutheranism and pay for army upkeep…
The Dacke Feud has a chance of happening to the player at any point between 1500 and 1700 if Sweden is Protestant. Dacke can revolt in any core province, but prefers the historical origin of Smaland.
There are a fair number of ways possible to handle it the Dacke Feud, But you are in for a nice mess of rebellions, rest assured. If you manage to defeat the rebellion, your monarch might be able to consolidate his power and concentrate even more control in the person of the king. So let’s hope you get a good one..

一つは「ダッケの乱」です。16世紀の半ば、スウェーデンの王は権力の集中を求め、そしてさらに収入を増やすために、第一に税を効率的に徴収させ農民に新たな重荷を課すことになりました。第二に、カトリック教会の資産を没収し、ルター派のさらなる布教と軍隊の維持に充てることにしました…
ダッケの乱は1500年から1700年の間、スウェーデンがプロテスタントならどの時点でも起きる可能性があります。ダッケはどの中核州でも反乱を起こす可能性がありますが、歴史に沿うならSmalandがふさわしいでしょう。
方法はそれなりにあるので普通にダッケの乱に対処できてしまいそうですが、そこはちゃんととんでもない量の反乱軍に直面することになってますので、どうぞご安心ください。もし反乱軍を撃破することに成功したら、君主は権力を確固たるものにし、さらに支配権を一身に集めることができるかもしれません。というわけで、良い結果が得られるよう祈りましょう…

The other large event series is the Age of Liberty, which may appear during the 18th century if your country is in a regency..
A war-weary Riksdag (the Swedish Parliament) can assert new powers and reduce the crown to a constitutional monarch, with power held by a civilian government controlled by the Riksdag.
Will you stand for that? Or will you try to assert your royal privilege?

もう一つの大きなイベントの流れは「自由の時代」です。これは18世紀中、国家が摂政評議会に統治されている場合に発生します。戦争にうんざりしたリクスダーグ(スウェーデンの議会)は新しい権力を確立し、国王を立憲君主の立場へ追いやり、リクスダーグが任命する市民による政体が王権を管理下に置くようにできます。
あなたはこれを支持しますか?それとも国王の特権を主張しますか?

Swedish Missions and Decisions
スウェーデンのミッションと政策

Some of the Swedish decisions from EU3 have been transformed into National Ideas, so enacting the Hakkapeliitta as soon as you grab Finland, is, sadly, no longer an option.
Swedish missions are very much geared towards taking the historical territories around the Baltic that comprised the Swedish Empire at its height.
EU3のスウェーデンの政策のいくつかは国策となります。という訳で、フィンランドを得るなりハッカペリッタを採用するという選択は、残念ながらとることができません。
またスウェーデンのミッションは、スウェーデン帝国の最盛期に支配下にあった、バルト海周辺の歴史的な領土を得ることに最適化されています。

Swedish National Ideas
スウェーデンの国策

As we mentioned in the first development diary on National Ideas, Sweden starts with two traditions that feel appropriate for the militaristic Swedish history that occupies much of the game’s era. Lack of manpower in Sweden meant that the royal army had a very large mercenary componet, so Sweden gets cheaper mercenaries than other countries. This manpower shortage also meant that Swedish infantry had to be well trained if the country was to survive its many wars, so Sweden also has slightly better infantry than average.

以前の国策についての最初の開発日記で書いたように、スウェーデンは開始時から、ゲーム中のほとんどの期間を占める軍事大国の歴史にふさわしい二つの「伝統」を持っています。スウェーデンの人的資源の欠如は、その国王軍に多くの傭兵が加わっていることを意味します。そこでスウェーデンは他国より安く傭兵を雇えるようになっています。またこの人的資源不足は、多くの戦争を切り抜ければその国の歩兵はよく訓練されているはずだということを意味し、それによってスウェーデンは通常より少しだけ良質の歩兵を使えます。
(伝統の効果:傭兵コスト-25%・規律+5%)

The 7 Swedish National Ideas are:
スウェーデンの7つの国策は以下の通り。

Kung och Riksdag : +1 legitimacy yearly.
Swedish Steel : +10% Discipline
Hakkapelitta: 10% cheaper cavalry.
Indelningsverket : 33% quicker manpower recovery.
Swedish Absolutism : 10% cheaper stability.
Produktplakatet : 10% Production Efficiency
Union and Security Act: 10% more manpower.

王と議会:正統性+1/年
スウェーデンの鋼鉄:規律+10%
ハッカペリッタ(フィンランド騎兵):騎兵のコスト-10%
割当兵制:人的資源回復速度+33%
スウェーデン絶対主義:安定度コスト-10%
生産物荷札(スウェーデン版航海条例):生産効率+10%
「連合と安全保障」法:人的資源+10%

Once Sweden has acquired all of its national ideas, its leaders get a +1 bonus to their Shock rating for battle.

スウェーデンが国策を全て採用すれば、全ての指揮官は白兵戦能力に+1のボーナスを得ます。

These National Ideas are geared towards making a Sweden that has a high quality army that can recover from manpower drains relatively quickly, though this will always be an issue in a prolonged war. With cheaper cavalry, Swedish troops should be able to dominate mid-game battlefields. Sweden is also stable and better able to survive any dynastic changes; the bonus to legitimacy and lower cost of stability in the late game will help Sweden stay vigorous.

これらの国策はスウェーデンの軍の質を高め、長期の戦争において問題となる人的資源の減少からの回復を比較的早くするように設定されています。
安価な騎兵によって、スウェーデン軍はゲーム中盤の戦場を支配することが可能なはずです。またスウェーデンは安定していて、王朝の変化を乗り切ることが簡単です…それを可能にする正統性へのボーナスと安定度コストの低下は、ゲーム後半のスウェーデンの活力を維持する助けになるでしょう。

Bonus details: Stability Changes
おまけ解説:安定度の変更点

As we have mentioned before, stability is no longer increased by spending money from your budget every month. Like other game mechanics we have gone though, you spend Monarch Points to increase your stability, in this case you spend Administrative points. Since these are also the points that go towards increasing your number of Ideas and revenue buildings, it is more likely that you will not always be at peak stability since you plan on investing Monarch Points in other things.

以前述べたように、安定度は月収を費やして回復させるものではなくなりました。既に紹介してきた他のゲームシステムのように、君主ポイントを使って安定度を回復させることになります。この場合は統治ポイントを消費します。このポイントはアイデアの増加や収入に関わる建物にも使うものなので、他の計画にも君主ポイントを費やすことから、常に安定度を最高に保てない可能性は高くなるでしょう。

In earlier Europa Universalis games, the cost for increasing stability depended a lot on the size and diversity of your country. Now the price is no longer depending on what type of provinces you have, but we have still kept the concept of not every country being the same, and some being more fragile to stability changes.

以前のヨーロッパユニバーサリスでは、安定度コストは国の大きさと多様性でほとんどが決まっていました。今回の安定度コストは州の種類には依存しません。しかし、全ての国が同じではなく、いくつかの国は安定度変化に対しては脆いものである、という概念は健在です。

The base price for increasing your stability is 100 administrative power, but overextension and lack of religious unity can increase this cost significantly. Some ideas and advisors decrease this. And, this being Europa Universalis, you can count on events and other random factors also modifying the price temporarily.

安定度コストの基本価格は100統治力です。しかし国土の拡大につれて、また宗教の一体性の欠如によってこのコストは劇的に上昇する可能性があります。いくつかのアイデアや顧問はコストを減らしてくれます。そして、ヨーロッパユニバーサリスである以上、コストを一時的に変更するイベントや他のランダム要素を当てにすることができるでしょう。

Here's a screenshot of some interesting things, and stay tuned, as we are back next week with more on rebels and governments.

このスクリーンショットには、まだ調整中ですが、いくつか面白いものが含まれています。そして来週は反乱軍と政体についてより詳しく解説しましょう。

添付画像:http://forum.paradoxplaza.com/forum/attachment.php?attachmentid=68169&d=1353670891

Hope you enjoyed this, more information next week!

みなさんが来週の情報も楽しんでいただけますように!

原文リンク:http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1183-Europa-Universalis-IV-?-Developer-Diary-12-Dominium-Maris-Baltici

翻訳:翻訳係2号 2013/1/28

前 - EU4 開発日記11 新しい技術開発システム
次 - EU4 開発日記13 反乱軍・戦争疲弊・過剰拡大


*1 カロライン兵は17世紀のスウェーデンの精鋭歩兵。「敵の白目が見えるまで」とは至近距離まで引き付けて射撃するという意味で、アメリカ独立戦争時の有名な逸話に由来。この一節は歴史/戦争を主なテーマとするスウェーデンのメタルバンド「Sabaton」の曲、Karolinens bonから採られていると思われます。youtubeにありました→http://www.youtube.com/watch?v=Fn-eSBAJIY0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-28 (月) 00:59:26 (2363d)