EU3講座

Europa Universalis IV Developer diary 15 - Et tu Brute?
by Johan
Published on 15-12-2012

ヨーロッパ・ユニバーサリスIV - 開発日記 15 - ブルータス、お前もか?
著:ヨハン
発行日:2012年12月15日

Welcome to another development diary for Europa Universalis IV!
So far, all of the national profiles we’ve given you have focused on the big boys - the major powers that people tend to start with when they play a new game, and that have the greatest potential for world spanning empires.

EU4の更なる開発日記にようこそ!
今までのところ、私たちが紹介してきた国は大物ばかりでした。これらの大国はプレイヤーがゲームの開始時から選ぶことが多く、世界規模で拡大する可能性が最も高い国々です。

But the Europa Universalis series has also attracted a lot of people that want to spend time with smaller countries and see what they can do.
This time, we turn our focus on a country that is on the 3rd tier of importance for development to show the attention they get.
So welcome to Milan, a flat territory where sultry summers and cold, rainy winters prevail. Situated in Northern Italy, the Duchy of Milan is a part of the Holy Roman Empire and includes allthe former towns of the two centuries dead Lombard League and holds the wide rural area lying between the hills of Montferrat and the Venetian Lagoon.

しかしEUシリーズは小国のプレイに時間を費やし、彼らに何ができるのかを見届けたい多くのプレイヤーも魅了してきました。
今回は視線を転じ、開発の重要性において三番手グループ(訳注:これについてはこのページの下部に詳細があります)に位置する国に焦点を当て、彼らへの注目を明らかにしましょう。
というわけで、蒸し暑い夏と雨がちな冬が支配する平坦な地、ミラノへようこそ。北イタリアに位置するミラノ公国は神聖ローマ帝国の一部で、2世紀前に消滅したロンバルディア同盟に所属していた諸都市と、モンフェラートの丘とヴェネツィアの潟の間に位置する広大な田園地域を内包しています。

Milanese Possibilities
ミラノの可能性

In the mid-15th century, Milan was pretty much constantly at war with its neighbors. This was the high point of the condottieri wars that ravaged Italy for a century - pretty much until the French invaded and started smacking everyone around. So expect Northern Italy to be a bit of a cockpit.

15世紀半ば、ミラノはほとんど常に近隣国との戦争に明け暮れていました。これはイタリアをほぼ1世紀にわたって‐フランスが侵略してきて周り全てを引っぱたき始めるまで‐荒廃させるコンドッティエレ(イタリアの傭兵隊長)の戦争が最高潮に達したときでした。つまり、北イタリアはちょっとした闘鶏場のようなものだったと思ってください。

The Lombard plain’s greatest advantage is that Milan can create a lot of wealth for a nation that starts the Grand Campaign with three provinces. Its cloth and wine are high value goods and it has easy access to trade nodes dominated by both Genoa and Venice - meaning that if it chooses to invest in a merchant fleet and can win some battles at sea, it can reap the wealth of these trade routes.

ロンバルディア平原の最大の優位はミラノはゲーム開始時の三つの州で膨大な富を生み出せることです。州が産する衣服とワインは高い商品価値を持ち、ジェノヴァとヴェネツィアに支配される交易点へのアクセスが容易な位置にいます‐つまり、商人に投資しいくつかの海戦を勝ち抜ければ、この交易路から利益を得ることができるのです。

If you dare to choose to play Milan, you might find that you need to defend your territory against the Swiss, the French and the Venetians. It´s hard work, but someone has to do it. In your favor, France and Venice have bigger fish to worry about in the early going (though they will naturally expand towards Italy) and Switzerland has to cross the Alps to do any damage, and this takes time. If Milan chooses to go aggressive, the smaller city states of Italy (Mantua, Modena, Ferrara) are close at hand, and if Florence falls, Milan is well on its way to becoming the premier power on the peninsula.

ミラノをプレイしてみようと思ったとき、あなたはスイス、フランス、ヴェネツィアから領土を守る必要があることに気付くかもしれません。これはしんどい仕事です。しかし誰かがやらねばなりません。幸いなことに、フランスとヴェネツィアは始めのうちは心配すべきことが別にあります(が、いずれ必然的にイタリア方面に拡大することになるでしょう)し、スイスがこちらに手を出すにはアルプスを越える必要があり、それには時間がかかります。
もしミラノが攻撃的に行動することを選んだ場合、イタリアの小都市国家(マントヴァ、モデナ、フェラーラ)は手頃な位置にありますし、もしフィレンツェを陥とせれば、ミラノが半島随一の大国になるのも目前です。

The Flavor of Milan
ミラノのフレーバー(風味付け)

In Europa Universalis II, the last game in the series that really invested in historical events for the player to engage with, there were two events for Milan: one where they could get inherited, and one flavor event about Leonardo Da Vinci. However our goal with Europa Universalis IV has been to make sure that not only the ten or fifteen most “interesting” nations had flavor.

プレイヤーが経験する歴史的なイベントを重視したシリーズ最後のゲームであるEU2では、ミラノには二つのイベントがありました。一つはミラノが他国に継承させられる可能性のあるもので、もう一つはレオナルド・ダ・ヴィンチについてのイベントでした。しかしEU4における私たちの目標は、10か15ぐらいの最も「興味深い」国だけにフレーバーを独占させるようなものではない、ということを確認しておきましょう。

At the moment, Milan has ten historical flavor events, none of which are a forced inheritance. One of the most interesting one is the Ambrosian Republic, which can be triggered during the first century of gameplay.
In 1447 Filippo Maria Visconti, Duke of Milan, dies without a male heir which brings the Visconti line of rulers to an end. Now, the Ambrosian Republic enters the stage. Historically speaking, this was a short-lived popular government that resisted foreign invasion until it was toppled by one of the great Italian soldiers-of-fortune, Francesco Sforza.

現時点では、ミラノには10の歴史的フレーバーイベントがありますが、他国に継承されるのを強制させるようなものはありません。この内で最も興味深い物の一つはアンブロシア共和国、プレイの最初の一世紀で起こる可能性があるイベントです。
1447年、ミラノ公であったフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティは嫡男を残さず死去し、ヴィスコンティ家の支配は終わりを迎えました。そしてアンブロシア共和国が登場します。史実では、この国は他国の侵攻に対抗して生まれた市民国家でしたが、イタリアの偉大な傭兵の一人、フランチェスコ・スフォルツァによって転覆させられ短命に終わりました。

In Europa Universalis IV, if Milan has a regency or low legitimacy you can choose to institute the Ambrosian Republic in Milan. This action will give some large neighbor’s a Casus Belli (Just cause for war) on you so they can restore the monarchy, while you get a unique government form that gives you increased morale for your soldiers and greater tax income.

EU4では、ミラノが摂政評議会統治になるか正統性が低くなると、アンブロシア共和国をミラノに設立することができます。この行動は近隣の大国に、君主制を復活させるための戦争理由を与えることでしょう。一方、あなたはより士気に富んだ兵士と高い税収を得られる独自の政体を使うことができます。

Of course, Milan can still form the nation of Italy as all Italian minors can But they need to dominate Northern Italy and Rome to do it.

そして当然のことながら、ミラノは今回も他のイタリアの小国と同じようにイタリア統一国家を設立することができます:-) しかしそのためにはやはり北イタリアとローマを支配する必要がありますが。

Milanese National Ideas
ミラノの国策

Milan starts with the tradition of +10% infantry power to represent their formidable condottieres, and a +1 bonus to diplomatic upkeep (a concept we'll talk more about in a future dev diary).

ミラノは、恐るべきコンドッティエレの力を表現した歩兵戦力+10%のボーナスと、外交維持費(このコンセプトは今後の開発日記で詳しくお話しましょう)に+1のボーナスを伝統として得ます。

Renaissance Prince 10% cheaper Ideas
Patron of Music +1 prestige yearly.
Lowered Power of Barons 10% more tax
Age of Condottieri 25% cheaper mercenaries.
Encouragement of Philosophers - 5% cheaper technology
Merchant Princes +10% Trade Power
Rulership of Enlightened Principals 10% cheaper stability.

ルネサンス公:アイデアコスト-10%
音楽の擁護者:+1威信/年
男爵の権力削減:10%の追加税
コンドッティエレの時代:傭兵コスト-25%
哲学者への支援:技術コスト-5%
商人公爵:交易力+10%
啓蒙君主による統治:安定度コスト-10%

And when you have gained all your national ideas, you get a bonus 20% to your manpower.

上記の国策を全て採用すれば、追加で人的資源に20%のボーナスを得られます。

Not every minor nation will be getting unique National Ideas - most will get a generic list of bonuses. But many popular and important minor nations, from Bohemia to Vijaynagar, will give you a chance to play smaller powers that don’t sacrifice anything with regards to personality or variety.

全ての小国に独自の国策を持つわけではありません。ほとんどの国のボーナスのリストは汎用のものです。しかし有名で重要な小国の場合、たとえばボヘミアやヴィジャヤナガルといった国は、個性や多様性といったものを犠牲にすることなく小国をプレイするチャンスを与えてくれるでしょう。

Bonus Detail: Republican Tradition
オマケ詳細:共和制伝統

In the Heir to the Throne expansion to Europa Universalis III, we added the concept of legitimacy for monarchies. The idea was to find a way to model the transitional period between new monarchs or new dynasties and make the royal marriage system a little more important. This created some interesting mechanics, and we felt we needed something to serve the same purpose for Republics.

EU3のHeir to the Throne拡張セットから、私たちは君主制の正統性という概念を導入しました。新しい君主や王朝への移行期間を具体的に表現するための方法として、また王室の婚姻の重要性を少しだけ高めるためのものでした。これによって、いくつかの興味深い構造が発生しました。そして私たちは共和制についての同じ目的のために何か提供すべきだと考えたのです。

So, in Europa Universalis IV we have now added the concept of Republican Tradition. This is a value between 0 and 100%, and a newly formed republic starts with just 1% tradition ? people like what they know, historically republics were seen as a little bit unstable, and it takes time before the ideas of civic freedom and voting for leaders take hold. A low republican tradition increases stability cost, and a high tradition reduces revolt risk. If you get a low republican tradition, you are more likely to have rebels supportive of restoring the monarchy, and if you ever go below 1% tradition you convert to a despotic monarchy rather quickly.

そして、EU4では共和制伝統という概念を追加することにしました。これは0%から100%までの値で、新しく設立された共和国は1%の伝統から始まります…人々はなじみのあるものの方により親しみを感じるので、歴史的に共和国は少し不安定だと見なされ、自由な市民と指導者の投票といったアイデアが根付くには時間が必要なのでした。共和制伝統が低ければ安定度コストが増加し、逆に高ければ反乱率が減ります。共和制伝統を低下させることになれば、君主制の復活を支持する反乱が起こりやすくなるでしょう。もし伝統が1%を切ることになってしまえば、あっという間に専制君主制になってしまいます。

Your Republican Tradition goes up by +1% each year, and there are events that can give you a hard choice between tradition losses or other negative consequences. There are some advantages to playing a Republic ? you get to choose your leaders in elections, after all. But you should never be really comfortable.

共和制伝統は毎年1%づつ増加します。また、伝統の低下か他の不利な結果かを選ぶ厳しいイベントもあります。それでも共和制であることにはいくらかの利点があります。結局のところそれは、指導者を選挙で選べるという点です。しかし、これについても全く心配が無くなることはないでしょう。

In light of adding this new mechanic, elections for Republics have changed slightly. You will lose 10% Republican Tradition if you re-elect the same leader, to represent the fear of a republic losing that regular change of office that guarantees the legitimacy of the government, and if you re-elect someone at while you have low tradition (currently we’ve set this at less than 20%), your Republican period comes to an end and you give birth to a despotic monarchy.

この新しいシステムの導入を踏まえて、共和制の選挙には少し変更が加えられました。同じ指導者を再選した場合、共和制伝統を10%失うことになります。これは共和国が、政府の正当性を保証している定期的な公職の入れ替わりを失うかもしれないという恐怖を表現しています。そして伝統が低い状態(今のところ20%未満に設定)で誰かを再選した場合、共和制時代に終止符が打たれ、専制君主制を誕生させることになるでしょう。

添付画像: http://forum.paradoxplaza.com/forum/attachment.php?s=1f96740d3053473805f21bf943db1453&attachmentid=69428&d=1355484602

原文リンク: http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1213-Europa-Universalis-IV-Developer-diary-15-Et-tu-Brute


オマケ翻訳:この記事は開発マネージャーのヨハン氏がフォーラムに投稿したものです。

The-3-tiers...
2012/10/3 Johan

三つの階層…
2012/10/3 ヨハン

We have countries in 4 tiers, when it comes to attention in the EU4 development process. This is for DHE, decisions, missions and (unannounced features and mechanics).

私たちはEU4の開発プロセスにおいて、注目度という点で国々を4つの階層に分けました、これは動的歴史イベント、政策、ミッション(とまだ発表していない特徴やシステム)のためです。

Tier 1 - 8 countries (flavour and fun, behaviour vital for game progress)
Tier 2 - 9 countries. (flavour and fun, behaviour important for game progress)
Tier 3 - 16+ countries (flavour and fun, behaviour not vital for game progress)
Tier 4 - the others.... where the minimum flavour level is EU3+EU2.

最上位グループ ‐ 8か国(味わい深く面白い、ゲーム進行上必要不可欠な役回り)
第2グループ ‐ 9か国(味わい深く面白い、ゲーム進行上重要な役回り)
第3グループ ‐ 16か国以上 (味わい深く面白い、ゲーム進行上必要不可欠というわけでもない役回り)
第4グループ ‐ その他全て…EU3と2において最低限のフレーバーしか用意されていない状態

Tier 1
最上位グループ

1.England - Arguably the winner of the time period.
2.France - Big blue blob is a must here, no game is complete without a strong France dictating western Europe.
3.Ottoman Empire - the major complaints on EU3 was the fact that they didn't become the historical threat they were.
4.Castille/Spain - We all want a big Spanish colonial empire on the map.
5.Muscowy/Russia - another failure of EU3 was that russia didnt form often enough, and you ended up with a fractured east.
6.Sweden - Swedish agression is what shapes the northeastern quarter of europe.
7.Portugal - in history and with our new trade system, their impact in the first 2 centuries changed europe forever.
8.Austria - The central european player that affected half of europe.

1.イングランド ‐ 間違いなくこの時代の勝者。
2.フランス ‐ 青くてでかいヤツはここに居るべき。西ヨーロッパに多大な影響を与える強力なフランスが無ければこのゲームは成り立ちません。
3.オスマン帝国 ‐ EU3のよくある苦情の一つは彼らが史実のような脅威にならなかったということ。
4.カスティーリャ/スペイン ‐ みんな地図上にはスペインのデカイ植民地帝国があって欲しいでしょうから。
5.モスクワ/ロシア ‐ EU3のもう一つの失敗はロシアがしょっちゅう建国に失敗し、東方がメチャクチャになって終わること。
6.スウェーデン ‐ スウェーデンの侵略がヨーロッパ北東地方の国境を形作りました。
7.ポルトガル ‐ 史実において、そして私たちの新しい交易システムの下でも、ゲーム最初の2世紀における彼らの影響はヨーロッパを永遠に変えてしまいます。
8.オーストリア ‐ ヨーロッパの半分に影響力を持つ中央ヨーロッパのプレイヤー。

Tier 2
第2グループ

1.Netherlands
2.Poland
3.Venice
4.China
5.Denmark
6.Brandenburg/Prussia
7.Persia
8.Timurid/Moghuls
9.Japan

オランダ・ポーランド・ヴェネツィア・中国(明/清)・デンマーク・ブランデンブルク/プロイセン・ペルシャ・ティムール帝国/ムガール帝国・日本

Some comments here.. Netherlands didn't make the cut for the top 8, as they don't exist at the start. While we would like to see them in a fair amount of games, they are not a guarantee to happen. Poland and Denmark, while important countries from the start and have a rich history, we chose Russia and Sweden ahead of them in that area, as Russia and Sweden were the winners historically.

コメントをいくつか…オランダはゲーム開始時に存在しないため、上位8か国に選出されませんでした。より多くのゲームにおいてオランダを見ることができればとは思うのですが、彼らが出現すると保証されているわけではないのです。ポーランドとデンマークは、開始時から存在し豊かな歴史を持っているのですが、私たちはこの地域において、史実においての勝者であるロシアとスウェーデンを上位に置くことにしました。

Tier 3
第3グループ

1.Genoa
2.Burgundy
3.Lithuania
4.Mamelukes
5.Viyanagar
6.Oman
7.The Hansa
8.Scotland
9.Bavaria
10.Ayutthaya
11.Aragon
12.Milan
13.Korea
14.Hungary
15.Norway
16.Novgorod
17.Naples
18.Bohemia
19.Byzantium

ジェノヴァ・ブルゴーニュ・リトアニア・マムルーク朝・ヴィジャヤナガル・オマーン・ハンザ同盟・スコットランド・バイエルン・アユタヤ・アラゴン・ミラノ・朝鮮・ハンガリー・ノルウェー・ノヴゴロド・ナポリ・ボヘミア・ビザンティン

All of these are interesting countries to play.. While Eu2 at most had 2-3 events for these countries, we aim for far more, to bring them closer to what tier 1 and tier 2 countries could expect.

これらは全てプレイする上で興味深い国ばかりです…EU2においてこれらの国には多くても2、3のイベントしかありませんでしたが、私たちはより多く、第一と第二のグループに用意されているものに匹敵する数のイベントを作ることを目標にしています。

原文リンク: http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?636355-The-3-tiers...

翻訳:翻訳係2号 2013/2/23

前 - EU4 開発日記14 スペインの紹介と州文化の変更について
次 - EU4 開発日記16 フランスの紹介


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-23 (土) 00:04:00