EU3講座

Europa Universalis IV Developer diary 17 ? Honey, don’t you want to talk about it?
by Johan
Published on 18-01-2013 10:35

ヨーロッパ・ユニバーサリスIV - 開発日記 17 - ハニー、話したくないのかい?
著:ヨハン
発行日:2013年1月18日

Welcome to the 17th development diary about Europa Universalis IV. This time we will talk about the game concept we revolutionized in the original version of the game, namely the diplomatic aspect of the game. From the very beginning of the series, Europa Universalis has tried to give nuance and flexibility to strategy game diplomacy, which so often is simply war/peace/alliance. We have a lot of new tools and tips to help you manage the delicate art of foreign relations.

ようこそ、ヨーロッパ・ユニバーサリスⅣ17番目の開発日記へ。今回は新しいバージョンで大変革を遂げたゲームコンセプト、すなわち外交の部分についてお話したいと思います。シリーズのごく初期から、ヨーロッパ・ユニバーサリスはしばしば戦争/和平/同盟と単純化されるゲーム中の外交について微妙な差異や柔軟性を与えようとしてきました。多くの新しい道具とヒントが、あなたが外国との関係という繊細な芸術を管理する助けとなるでしょう。

Diplomacy - War, peace and anything in between
外交-戦争、平和、そしてそれらの間にある全てのもの

Even if you agree with the wise man that said Warfare is simply a continuation of politics, international politics and diplomacy are vital aspects of Europa Universalis in their own right - not just as peaceful alternatives to war. So yes, we have declarations of war, peace negotiations, and forming alliances. But we also encourage you to influence nations, improve your relationships, build dynastic ties, engage in covert actions, tighten economic ties and even grant or demand access to territory and ports.

あなたが「戦争は政治の延長である」と言った賢人(訳者注:恐らくクラウゼヴィッツの引用)に同意するとしても、国際政治と外交はヨーロッパ・ユニバーサリスの重要な一面です――それは平和と戦争がただ置き換わるということではありません。もちろん、宣戦布告、和平交渉、同盟の形成はあります。ですが、国家への影響、関係の改善、王家間の関係の構築、改宗への従事、経済協力関係の締結、領域や港の交通圏の要求や許諾といった手段もあなたにお勧めします。

The range of options can be dizzying to new players, I know. But we’re taking steps to make it all a little bit clearer.

広範な手段は新人プレイヤーにめまいを起こさせるでしょう、そのことは分かっています。ですがそれら全てを少しでも分かりやすくするための処置をとっています。

New Interface - Meet your neighbors and see what they really think of you
新しいインターフェース-あなたの隣人に会い、彼らがあなたのことを本当はどう思っているのかを見ましょう

Just like the rest of the game, the diplomatic interface has been redone. As always, you can get a quick overview of a country, with information about their technology & ideas, learn who and how skilled their ruler is and other vital information. You can also see their current diplomatic status and interact with them.But our commitment to transparency and clarity is seen in the standard diplomatic menu. In the Europa Universalis games, we have a system of relations that is constantly changing. And this has meant constantly referring back to the diplomatic screen to find out what someone thought about you.

他の部分と同様、外交インターフェースも作り直しました。いつものように、技術と政策、君主が誰でどんな能力を持っているかやその他の重要な国家に関する情報を素早く概観することができます。外交状態やそれに影響を及ぼしているものについても同様です。ですが我々が透過性と明瞭さに関与した部分は普通の外交メニューに見ることが出来ます。ヨーロッパ・ユニバーサリスにおいては、関係が常に変わっていくというシステムがあり、あなたのことを誰がどう思っているのかを知れるようにそれは常時外交画面に反映されます。

First of all, the big block of text that outlined relations in previous EU games is now a big graphical interface where we show the all the relationships a country have at the moment. We’ve also tried to make the system easier to navigate. Each type of relation has its own row, and each row lists those countries that share this relationship with you. If some vital information is relevant to a relationship, we display that, too. So ongoing wars will show their war score, and truces and other time sensitive actions have progress bars to tell you when time is up.

まず第一に、これまでのヨーロッパ・ユニバーサリスでテキストが大部分を占めていた関係の概要は今や立派なグラフィカルインターフェースであり、瞬時にして国家の持つ関係性を見て取ることができます。私たちはまた、そのシステムをより扱いやすくするよう努めました。あらゆる種類の関係は独自の行を持ち、それぞれの行はその関係を貴方と分かち合っている国を表示します。関係性に影響のある重要な情報がある場合、そのことも表示されます。ですので、戦争中は勝利点が表示され、和平や他の繊細な行動はいつ終了するかをあなたに教える為に進捗バーを持ちます。

Secondly, the similar diplomatic actions have been grouped together into categories for an expandable list. Simply open a category to see what’s in there and close it when you’re done. Or not - it’s your list. To further improve this part of the interface, we have added two types of icons on those buttons. First there is a small diplomat icon on those actions which will require a diplomat to stay for the duration - remember that in EU4 you have limited diplomats and sometimes they will be very occupied. Secondly, for those actions where the AI has to accept or decline an offer, we’ve added a small arrow indicating the likelihood that they’ll listent o your overtures.You no longer get vague answers from the AI, but instead you always get a yes/no reply, and a detailed explanation on why they’ve declined your offer.

第二に、同種の外交行動は拡張リストのカテゴリーに一緒にグループ化されました。そこに何があるかを見るためには単に開けばよく、それが済めば閉じればよいでしょう。そうしなくても構いません――それはあなたのものです。この部分のインターフェースのさらなる改良のために、我々はボタンに二種類のアイコンを追加しました。一つは外交官を必要とする行動の上に表示されるその行動の間外交官が留まっていることを示す小さな外交官アイコンです。EU4では限られた外交官しかおらず、しばしば彼らが長く占用されることを覚えておきましょう。二つめに、AIが受諾か辞退する必要のある要請について、彼らがあなたの要請を聞き入れる可能性を示す小さな矢印を追加しました。あなたは最早AIから曖昧な返答を受け取ることはありません、しかしその代わり、あなたは常にはい/いいえの返事を受け取り、彼らがなぜあなたの要請を拒絶したのか、具体的な説明を得ることができます。

Then, of course, there are going to be lots of new ways to interact with other countries such as negotiating fleet basing rights, forming coalitions and naming your rivals.

それからもちろん、艦隊基地使用権の交渉、連合の形成、宿敵指定といった他国と関わる多くの新しい方法もあるでしょう。

Opinions - Even if you like me, I might not like you.
意志-あなたが私のことを好きでも、私はあなたが好きではないかも知れない

In Europa Universalis III, relations were bi-directional. If you liked someone, then they liked you. This is definitely not the case in the real world, and it is something we really wanted changed for Europa Universalis IV. Now someone may not like you, while you like them, and to this we’ve adapted the system we introduced in Crusader Kings II.

ヨーロッパ・ユニバーサリスⅢにおいて、関係は双方向性のものでした。もしあなたが誰かを好むなら、彼らもあなたを好んでいました。これははっきりと現実世界と異なっており、我々がヨーロッパ・ユニバーサリスⅣで変えたいと思っていたものでした。いまやあなたの好むだれかはあなたを好まないかも知れません。そしてこれはクルセイダー・キングスⅡで紹介したシステムを調整したものです。

One of the strengths of Crusader Kings II was that when someone hated you, you knew why, and we felt this would be cool to bring into Europa Universalis IV. Because in Crusader Kings II, we moved to a system of static relation modifiers. So not only do you see who dislikes you, but you also see why. The next step is to make this value influence not just what the AI does, but also influence your actions. For example, we can make it easier to declare war on someone you hate.

クルセイダー・キングスⅡの強みの一つは誰かがあなたを憎む時にあなたはその理由を知ることができたことであり、我々はこれをヨーロッパ・ユニバーサリスⅣに持ち込むことが良いと感じました。なぜなら、クルセイダー・キングスⅡで我々は静的な関係というシステムを修正する方向で動いたからです。それで、誰があなたを嫌っているかだけでなく、その理由もまた見ることが出来るようにしました。次のステップとして、この値がAIの行動だけでなく、あなたの行動にも影響を与えるようにします。例えば、あなたを嫌っている相手には宣戦布告が容易になるようにします。

We also brought in the Crusader Kings II system that laid out how different relationship values were set. We have a number of static values that affect relations. For example being allied, having a royal marriage, fighting a war together, etc. will give a set boost to relations. Obviously, fighting a war with someone will make them less inclined to like you.

我々はまた、どのように異なる関係値を決めるかについてもクルセイダー・キングスⅡのシステムを持ち込みました。関係に影響を与える特定の値を設定しました。例えば、同盟中、王室間の婚姻関係がある、戦争を共に戦っている、などが関係を強めます。あなたと戦争中ならば、あなたを好む気にさせないことは明白でしょう。

Then we have the things that people will eventually stop caring about or will have less importance in how they think of you. These are relation values that will slowly decay over time. If you are familiar with Crusader Kings II, think of these as similar to the penalty for having your vassal’s levies in the field too long or the hit you take when a new king takes the throne; sooner or later these factors just go away. So, in EU4, for example, taking provinces will harm relations with countries (depending on how valuable that province is) but this resentment will fade as the years go on…

それで我々は、相手があなたについてどう思っているかの要素について、その重要性が低くなるか、あるいはそれについて注意を払うことを全く止めてしまうというものを用意しています。関係値は時間と共にゆっくり減衰します。あなたがクルセイダー・キングスⅡの愛好家であるならば、属国の軍を長く徴集していることによるペナルティや新しい王が玉座についた時に得るダメージとの類似性に気づくでしょう。遅かれ早かれ、これらの要素は消え去ります。それでEU4では、例えば、プロヴィンスを獲得することは国家との関係を傷つけ(それはプロヴィンスの価値に依存します)、しかしこの怒りは年月が経てば消えていきます。

Rivals - The Enemy of my Enemy is my Friend
宿敵-敵の敵は友

One of the biggest changes to diplomacy in Europa Universalis IV is the new ability to designate up to three countries as rivals. Why would you want to have a rival? Doesn’t this just make the rival country angry at you? Yes, it will lower relations between you and the rival, but with an advantage too. Relations with any other country that has the same rival will improve and you can think about joining up to contain the hated So-and-sos. It’s the old “enemy of my enemy” thing. If someone has marked you as a rival, they will appear as your enemy in your diplomatic menu. We strongly believe this adds depth to the diplomacy system in Europa Universalis IV.

ヨーロッパ・ユニバーサリスⅣにおける外交の大きな変化の一つは、3つまでの国を宿敵として指名するという新しい能力です。なぜ宿敵が必要なのでしょう? これは宿敵を怒らせるだけではないのですか? はい、宿敵との関係は悪化しますが、有利になる点もあります。同じ宿敵を持つ国家との関係は改善し、憎むべき何某への対抗同盟を考えることができます。古典的な「私の敵の敵」(は味方)ということです。もし誰かがあなたを宿敵として指定したなら、外交メニューにあなたの敵として現れます。我々はこれがヨーロッパ・ユニバーサリスⅣの外交システムに深みを与えるものであると強く確信しています。

Here's a screenshot of the interface, as we look at my 'faithful' Saxon ally, from an internal MP campaign.

内部で行ったマルチプレイからですが、インターフェースのスクリーンショットで、私の「信義に篤い」ザクセンとの同盟が見て取れます。

原文掲載サイト:
http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1253-Europa-Universalis-IV-Developer-diary-17-?-Honey-don’t-you-want-to-talk-about-it

翻訳:翻訳係V3 2013/1/21


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-21 (月) 16:06:33