EU4発売前情報

Europa Universalis IV: Development Diary 22: A.E.I.O.U
by Johan
Published on 08-03-2013 16:00 Number of Views: 12381

ヨーロッパユニヴァーサリス4 開発日記22 

Welcome to the 22nd development diary for Europa Universalis IV. The focus of this development diary is about the most glorious of nations, the Archduchy of Austria. This is the nation I've played the most in competetive multiplayer in EU2, EU3 and EU4, and they have a special place in my heart.

ようこそ22回目の開発日記へ。
今回はもっとも偉大な国家、オーストリア大公国について紹介するよ。
この国は、EU2でもEU3でも、もちろんEU4でも、マルチプレイをするときにもっとも選択されるだろう。ぼくの心の中でもこの国は特別な場所を占めてるんだ。

Austrian Possibilities
オーストリアの可能性

At the start of the Grand Campaign in 1444, we find the Habsburgs have added other provinces in the vicinity of the Duchy of Austria and accumulated lands far from their hereditary base. Austria’s biggest strategic problem is that it is surrounded. Many of its great power rivals only have one major border to secure, or one local problem at a time. Austria has a strong Venice to its south, a potential rival in Hungary to its east and both Bohemia and Bavaria to the north can be trouble if they co-operate.

1444年にGCがはじまったとき、オーストリアには彼らの公爵領の他に遺産相続によって受け継いだ土地がいくつかある。
オーストリアのもっとも重要な戦略的問題は、包囲されているということだ。
列強のライバルのほとんどがオーストリアと国境を接している。あるいは同時に地域的問題も抱えている。
オーストリアは強力なヴェネツィアを南にもち、潜在的なライヴァルであるハンガリーが東に、北にはボヘミアとババリアがおり、彼らが一致団結すれば非常に厄介だ。

On the plus side, this very multiplicity of potential enemies means that Austria also has a multiplicity of potential allies.

良い点について言うなら、これらの多様な潜在的敵国は、オーストリアにとって潜在的同盟国かもしれないってことだ。

At the beginning of the game, Austria will have a chance to set its course diplomatically in a wide field of play. It has a strong enough army to hold off a bunch of buzzing gnat-like minor German states and with one strong ally in, for example, Burgundy or Poland, can stop things from getting out of hand.

ゲームがはじまると、オーストリアには沢山の外交的選択肢がある。
強力な陸軍でもって群小ドイツ国家をねじ伏せたり、ブルゴーニュやポーランドと同盟することで、支配が崩れてゆくのを食い止めることができる。

Once Austria is secure in its borders and has acquired nearby lands, it will find itself in possession of a territory rich in manpower and resources. Vienna is the crucial trade node through central Europe, and Austria’s single coastal province is in the Venetian node, so two easy merchant destinations are there to be dominated.

かつてオーストリアは国境を守り、隣国を攻め取ってきた。そこで豊富なマンパワーや資源を得た。
ウィーンは中央ヨーロッパの商人たちの重要な交易地で、オーストリアの一つの沿岸州はヴェネツィアの交易範囲にある。だから支配すべき二箇所の商人の容易な派遣先がそこにあるのだ。

But Austria’s greatest early strength is the Imperial Throne. As Holy Roman Emperor, Austria gets a lot of diplomatic assets that give it great flexibility. It starts with two extra free diplomatic agreements (anything over this number is deducted from the monthly Diplomatic Power point total). It has the power to declare war on any country at war with a member of the empire and can liberate conquered Imperial states. It can even go to war to revoke the electorate status of those states that don’t recognize its Imperial majesty.

しかしオーストリアの早期の強みは、帝国の継承者ということにある。
神聖ローマ皇帝として、オーストリアは外交官のボーナスを得、外交的な自由度がとても高い。
スタート時には、二つの追加の自由な外交関係を持てる(月間外交官にボーナスがある)。

In short, this early power gives Austria tremendous freedom of action in the early going, since there will be a lots of early opportunities to take action on behalf of the Imperial throne, thereby increasing Imperial prestige. Keeping the HRE throne is another matter altogether, but this is where diplomacy comes in.
Austria will find it in its interest to use those extra diplomatic actions for royal marriages throughout the Empire. You never know when a useful relative will ascend to power.

要約すれば、こうしたボーナスはオーストリアの初期の選択肢を大きく広げてくれる。皇帝でいられる限り、オーストリアには多くの可能性がある。そしてオーストリアの行動によって帝国の威信も上昇するだろう。
HREの皇帝位を維持することは、また別の問題だが、これは外交によって可能になる。
オーストリアは帝国内において婚姻を通じた追加の外交ボーナスをもっている。

"Leave the waging of wars to others! But you, happy Austria, marry; for the realms which Mars awards to others, Venus transfers to you."

「戦争は他の者にまかせておけ、幸福なるオーストリアよ、汝は婚姻せよ」「マーズは他国に、ヴィーナスはあなたに」

Austrian Dynamic Historical Events
オーストリアの動的歴史イベント

As a major player throughout this era, Austria has plenty of historical events, as well as a major event series. You might want to prepare for The Italian Wars that can rapidly become a general struggle for power and territory among the various participants followed by alliances, counter-alliances, and betrayals.

オーストリアには、この時代における主要なプレイヤーとして、一連の主要なイベントと同じくらい豊富な歴史イベントが存在する。イタリア戦争に向けて準備をした方が良いかもしれない。イタリア戦争は急速に、様々な参加国間での権力と領地を求めた全面的な闘争になり得るのだ。そしてそれが同盟、反同盟、裏切りに続いていく。

The Italian Wars may trigger anytime between 1490 and 1590 if Austria is Emperor and France has managed to get a foothold in Italy; since France has a mission pointing it in this direction, there is a strong chance of this happening. Should Austria decide to intervene in this conflict, it may challenge France by claiming all their lands in Italy. France, however, gets the same opportunity to claim Austrian lands in the peninsula.

もしオーストリアが皇帝でありフランスがイタリアに続く拠点を何とか確保してきたら、イタリア戦争は1490年から1590年の間中いつでも起こる可能性がある。;フランスはこの方向にむけた目標を持つため、イタリア戦争が起こる強い可能性がある。
オーストリアはこの戦争を防ぐための介入を決定すべきだろう。そしてイタリアにおけるフランスの全ての領地を要求することによってフランスに挑戦することになるかもしれない。また一方で、フランスは半島におけるオーストリアの領地を要求する同様の機会を得るだろう。

Amongst their interesting historical events, Austria has one called 'Privilegium Maius'. Historically, this was 14th century forgery that claimed ancient rights for the Habsburg Dukes over all of Austria. Though widely recognized as a forgery, enough gold can bring some fantasies to life. By the late 1400s, the unique connection between the Habsburgs and the Austria nation were widely legitimized. In Europa Universalis IV, the Privilegium Maius can give Austria a unique government form after 1500 if the Habsburgs dynasty still rules and they are the Emperor. This government is a form of Feudal Monarchy that allows one extra diplomatic relation for Austria as well as the usual Feudal Monarchy bonuses - +10% incomes from Vassals, and +10% manpower.

興味深い歴史イベントの中で、オーストリアには'Privilegium Maius'と呼ばれるものがある。歴史的に見て、これは14世紀にオーストリア全土において、ハプスブルグ公爵のための権利を主張した偽造であった。偽造として広く認識されたが、あり余る金が幻想を現実のものとすることもある。1400年代末期には、ハプスブルグ家とオーストリアとの特有の関係は広く正当化されたのだった。ヨーロッパユニバーサリスⅣでは、1500年以降もハプスブルグ王朝がまだ統治者であり皇帝であった場合、Privilegium Maiusはオーストリアに特有の政治形態をもたらす。この政府は封建君主制の形であり、通常の封建君主制ボーナスと同様にオーストリアに対してさらに1つの外交関係を結ぶことを可能にする ― +10% 属国からの収入、+10% 人的資源。

Austrian Missions and Decisions
オーストリアのミッションとデシジョン

As with most of the great powers, the Austrian decisions from Europa Universalis III have largely migrated to the National Idea menu, but they still have their historical missions, most of which focus on directing you to expand Austria to its historical borders, and opposing the Ottoman advances in the Balkans and Hungary.

大部分の列強と同様に、ヨーロッパユニバーサリスⅢからのオーストリアのデシジョンの大部分を国策メニューに移行した。しかしオーストリアにはまだ歴史ミッションがあり、その大部分はオーストリアの歴史的な国境を拡大することとバルカン半島やハンガリーにおけるオスマン帝国の進歩へ対立するよう導くことに焦点を当てている。

Austrian National Ideas
オーストリアの国策

Austria starts with a 2% reduction to the normal prestige decay, so they’re able to keep up their prestige level much easier. They also have 30% faster decay to bad relations, so neighbors are more likely to forgive and forget your crimes against peace.

オーストリアは通常の名声の低下を2%減少させた状態で開始する。そのため名声レベルをより簡単に維持することができる。また悪化関係を30%速く低下することで、隣国はあなたの平和に対する悪事についてより速く容赦し忘れ去りそうである。

  1. Imperial Ambitions: +10% Imperial Authority
    As the clear choice to rule the Empire, the Habsburgs don’t have to work quite as hard as other Emperors will to get the authority high enough to pass laws through the Imperial Diet.
  2. Military Border: +25% fort defenses
    A defensive bonus for Austrian troops reflects its tradition of protecting the empire and the ancestral homelands with strong points throughout the realm.
  3. Fugger Banks: -1 Interest
    The Fuggers were one of the great European banking families. With great wealth based in textiles and mining, the Fuggers loaned great sums of money to the major houses of Europe until the mid-1600s.
  4. Habsburg Dominance: +5 Diplomatic Reputation
    The Habsburg family became so prestigious and its marriages so strategic that it ruled, at its height under Emperor Charles V, Spain, the HRE, much of Italy, the Netherlands and a vast colonial empire.
  5. Edict of Restitution; +2 Missionary Strength & +1 Tolerance of Own Faith
    The Edict of Restitution was proclaimed in 1629 at the height of Catholic success in the Thirty Years’ War. It tried to enforce a mostly ignored clause from the treaty that ended the last great religious wars, and threatened to force thousands of Germans to convert to Catholicism. Very unpopular with Protestants, it enhanced the religious stature of the Emperor.
  6. Austrian Court: +2 Diplomatic Upkeep
    Vienna’s court might not have the romance of Versailles, but the agility of the Austrian diplomatic corps kept the central European state vital to continental stability for centuries.
  7. Hofkriegsrat: +30% Reinforce Speed
    The centralized war office of Austria, this council directed all military affairs, including the maintenance of the Imperial Army.
  1. 皇帝の野望: +10% 皇帝の権威
    神聖ローマ帝国を統治するための確実な選択として、ハプスブルグは、他の皇帝が帝国議会に通した法律が通過するように十分高い権威を得ようとするのと同様の努力をする必要はない
  2. 軍事境界線: +25% 要塞防衛
    オーストリア軍に対する防衛ボーナスは、その全土において強みを活かし帝国と先祖からの領地を守るという伝統を反映している
  3. フッガー銀行: -1 金利
    フッガーはヨーロッパの巨大な銀行業一家である。フッガーは織物と鉱業に基づく莫大な富によって、1600年代中期までヨーロッパの主要な一族に巨額の金を貸し付けていた
  4. ハプスブルグの優位性: +5 外交の評判
    ハプスブルグ家はとても高名になりその婚姻は非常に戦略的なものになった。そして皇帝チャールズ5世統治下の絶頂期においては、スペイン、神聖ローマ帝国、イタリアの殆ど、オランダ領と広大な植民地帝国を統治した
  5. 賠償命令; +2 宣教師の力 & +1 自国信仰の許容範囲
    賠償命令は1629年、30年戦争でのカトリック教会の成功の絶頂期において宣言された。この宣言は去る大規模な宗教戦争を終わらせた条約から却下された大部分の条項を実施しようとしたもので、多数のドイツ人をカトリック信仰に改宗するよう強要し脅かした。プロテスタントに非常に悪評であり、皇帝の宗教的名声を高めた
  6. オーストリア宮廷: +2 外交の維持費
    ウィーン宮廷にはベルサイユのようなロマンスはないかもしれないが、オーストリアの外交団の機敏性は数世紀の間、中央ヨーロッパ国家を大陸の安定性に必須な存在にし続けた
  7. 宮廷戦争会議: +30% 補強速度
    中央集権化された陸軍省であるこの評議会は帝国陸軍の維持を含む全ての軍事業務を管理している
    When Austria has all of its national ideas, it gets +50% chance to get an Heir, further enhancing its legitimacy and prestige.
    オーストリアに全ての国策が揃った時、世継ぎを得る可能性が+50%され、さらにその正当性と名声を高める。

These National Ideas reinforce Austria as a country that is heavily reliant on diplomacy. Yes, it is also a very decent defensive country with stronger forts and a greater ability to recover it’s on the field strength, but the HRE diplomatic agreement bonus plus the chance for more diplomatic relations with the Prestigium Maius event PLUS the Austrian Court bonus and a better reputation means that Austria has the potential to keep its enemies surrounded and its allies close for a very long time.

これらの国策はオーストリアを外交に大きく依存する国家として補強する。そう、より強い要塞と戦場の兵力を回復する優れた能力をもった非常に優れた防衛的国家でもあるのだが、神聖ローマ帝国の外交協定ボーナスは、オーストリア宮廷ボーナスを加えるPrestigium Maiusイベントでさらなる外交関係をつくる可能性を増やすのである。そしてより良い評判は、オーストリアが潜在的に周囲に敵国を持ち続け、同盟を非常に長い間親密にし続けることを意味する。

Bonus Detail: Holy Roman Empire Improvements.
ボーナスの詳細: 神聖ローマ帝国の改正

Since we’re talking about Austria and the centrality of the Holy Roman Empire to its power base, this is as good a time as any to reveal some more detail about how the HRE will work in Europa Universalis IV.

オーストリアとその権力基盤のための神聖ローマ帝国の重要性について述べているので、ここがヨーロッパユニバーサリスⅣにおいて、神聖ローマ帝国がどのように機能するのかについて、さらなる詳細を公開する良い機会でしょう。

Diplomacy
There are now two completely new diplomatic actions that you can do as the emperor. First of all, if there are fewer than seven electors, you can then grant the electorate to another independent nation inside the Empire. Of course, they have to accept the offer as well, but this helps you stack the deck with friendly rulers in case something unfortunate happens to a less agreeable elector.

外交
今、あなたが皇帝として出来る完全に新しい2つの外交活動がある。まず第一に、選挙人が7人より少ない場合、神聖ローマ帝国内の別の独立国家を選挙人として許諾することができる。もちろん、彼らが同様に申し出を受諾する必要があるが、これは喜んで賛成しないであろう選挙人に何か不運なことが起こった場合に親密な統治者を使って不正工作をするのに役立つ。(※自国を皇帝として支持しないような国家を排除して親密な国家に投票権を与え、自国に皇位を維持するような策略が使えるという意味だと思います)

Reforms
Imperial Reforms are no longer handled through events, where you had no view over how the diet would vote. Now it is a clear mechanic where you take the action and call for the vote, and you can see how every single member will vote and why. Therefore, you can play the diplomatic game to sway the voters for you to introduce more reforms. Having higher authority may sway the fence sitters, but every time you enact a reform, all your authority is removed even though you only need 50 for a vote. (This is where Austria’s 10% Imperial Authority bonus comes it quite handy.)

改革
皇帝の改革はもはや、帝国議会がどのように投票するのか閲覧することができないイベントで処理されることはない。今や行動や投票するところは明らかであり、全ての単一メンバーがどのように投票するのかや理由が分かる。それゆえ、あなたがさらなる改革を導入するために選挙人に影響を与えるように外交ゲームをすることができる。より高い権威は中立の者に影響を与えるが、たとえ採決に50しか必要ないとしても、改革が成立する度にあなたの権威の全てが除去される(これこそオーストリアの10%皇帝権威ボーナスが非常に有用である点なのだ)。

Elections
The formula for election has been changed rather dramatically. If you vassalize an elector, every other elector will dislike you enormously, and you will not be able to gain their votes unless you are the best of friends. This is to represent how jealously the Electors protected their right to vote, and, from a game perspective, to keep you from gaming the system. There are also several other factors that have been added and/or tweaked, making the Imperial throne something you have to focus on if you want to keep it.

選挙
選挙に対する常套手段はずいぶん劇的に変更された。あなたが選挙人を属国化すると、他の全ての選挙人がひどくあなたを嫌悪するだろう。そしてあなたが彼らの最も良い友達でない限り、彼らの票を集めることはできなくなるだろう。これはどれほど選挙人が用心深く選挙権を守り、ゲームの全体像から、あなたに支配体制を操作させないようにすることを示している。もし皇位を維持したいなら、加えられたり微調整されるような他の要素がいくつか存在する。そしてそれは皇位をあなたが重点的に取り組む必要のあるものにする。

War in the Empire
If you are fighting against the Emperor and manage to win, you can now force the repeal of more than just one reform, even though you need a successful 100% warscore war for each reform in the empire.

神聖ローマ帝国における戦争
皇帝と戦い何とか勝利すると、たとえ神聖ローマ帝国においてそれぞれの改善のために100%の戦争スコアを達成する必要があるとしても、1つ以上の改善の無効を強要することができる

The Emperor can always start a war against an elector with the goal of revoking the electorate – this will probably make other electors a little nervous, but can be useful if Cologne just refuses to play ball, or is getting too cozy to France.

皇帝は常に選挙人を無効にすることを目標に選挙人に対して戦争を開始することができる。-これはおそらく他の選挙人を少し神経質にするだろうが、もしケルンが協力することを拒んだり、あるいはフランスと非常に親密になったとき、役立つだろう。

Imperial Authority now slowly increases every year by +1 if there are no internal wars in the empire, but it decreases by 1 each year there are fewer than seven electors.

神聖ローマ帝国において国内戦争がない場合、皇帝の権威は毎年+1ずつゆっくり増えるが、選挙人が7人より少ない場合、毎年1ずつ減少する。

原文掲載サイト:
http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1337-Europa-Universalis-IV-Development-Diary-22-A.E.I.O.U&s=8c393d5721ee897113a265a95f0a6207

前 - 開発日記21 指揮官と傭兵について
次 - 開発日記23 外交について(その2)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-26 (月) 10:03:00 (2068d)