EU4発売前情報

※激しく意訳・適当訳です。信じるものは騙されます。
 本項目の翻訳者は、義憤に駆られた貴方による修正を期待しています。
※後半部を訳したものです。
 同じく適当訳です。いかに正確に訳すかではなくいかに速く(もしくはラクに)訳すかしか考えていません。
 気になった方は手直ししてくださるよう、よろしくお願いします。

Europa Universalis IV: Developer diary 28 - A Kinderegg! Three in one!
by Johan
Published on 26-04-2013 17:42 Number of Views: 10482

Welcome to the 28th development diary for Europa Universalis IV and today we’ve got lots of variety for you - three different subjects. We look at two smaller European countries, each quite different from the other, and then we look into what’s changed with one of the most important events in the game - the Reformation.

28回目のEU4開発日記へようこそ。今日も多くの変更点、その中でも3つの異なるお話をご提供いたしましょう。それでは、2つの全く異なる小さなヨーロッパ国家と、このゲームの中でもっとも重要なイベントの一つである宗教改革の変化について見てみることとします。

Scotland
Scotland has an outsized importance in history considering its meager geography and wealth because of its location. After breaking free from English rule in the 14th century, Scotland was a constant thorn in the side of her larger southern neighbor, and, until the kingdoms were united again under the Stuart dynasty, the Scots were an essential ally for any continental power that wanted to threaten the English. Even after union, Scottish rebels and dissenters could be counted on to counter the throne in London.

スコットランド
スコットランドはその位置ゆえに、痩せた土地柄に比して歴史的に大きな重要性を有する国家です。14世紀にイギリスの支配から離れて後、スコットランドは常に自分よりも大きい南の隣人に悩まされてきましたが、それと同時に、スチュアート王朝の下で再び連合王国となるまでの間、イギリスに圧力をかけることを欲する大陸の勢力にっての重要な盟友でもありました。また、連合王国となった後でも、スコットランドの反乱軍や反国教徒は、ロンドンの王位継承権に反対する立場として扱われていました。

Scotland starts the game in an enviable position, actually. England is deeply immersed in a costly and bloody war in France, and so long as England is occupied on the continent, Scotland has opportunities for expansion in Ireland, the Orkneys or even northern England. Her hilly terrain is friendly to cheap infantry armies, so a defensive footing isn’t a bad idea if the English or Norwegians get aggressive.

実際のところ、スコットランドは羨ましい位置でゲームを開始します。イングランドはフランスで金のかかる血なまぐさい戦争に没頭しており、彼が大陸に心を奪われている限りにおいて、スコットランドにはアイルランドやオークニー諸島、果ては北イングランドにも拡大する機があります。スコットランドの丘陵地帯は安価な歩兵連隊にとって好ましいものであり、イギリス人やノルウェー人の攻撃にさらされた防衛戦というのもそう悪いものではないのです。

Scotland is narrow, as well, so a large army can stand in the bottleneck and preserve some territory. On the downside, it’s all coastline so it will need some way to protect its shores. Do you cozy up to the Royal Navy of England or try to build your own?

また、スコットランドは狭いので、巨大な陸軍を隘路に配置し領土を維持することができます。問題は、全領土に海岸線があるため、何らかの形で沿岸部を守る方法が必要になることです。あなたはイギリスのロイヤルネイビーに媚びへつらいますか?それとも独自の海軍作りに挑戦してみますか?

Scotland has a few historical events, including ones connected to the Auld Alliance with France (a reliable partner), and about John Knox, the great Presbyterian reformer.

スコットランドにはいくつかの歴史イベントがあり、そこには信頼できるパートナーであるフランスのAuld Alliancに関するものや、偉大な長老派教会の創立者ジョン・ノックスについてのものが含まれます。

National Ideas
Scotland starts with +1 leader shock, and +5% to morale recovery on armies. (which is rather awesome, as default is 15%) as traits.

国策
スコットランドは+1のリーダーストックと+5%の陸軍指揮回復力(これはなんというかものすごいものであり、普通は15%となります。)を伝統としてスタートします。

  1. Break the Black Douglas: -1 Revolt Risk: A prominent noble clan of Scotland, the Douglases used their record during the battle for independence to challenge the power of the Scottish throne. When their power became inconvenient, seizures and murders settled the issue in favour of the king.
  2. Modernised Royal Scots Navy: -10% Ship Cost.: The Royal Scots Navy underwent a great expansion in the 15th century under the guidance of Kings James III and James IV. Scottish ships harassed Tudor trade lanes throughout their reigns.
  3. Reined in Clans: +20% Manpower: Limiting the power of the Scottish clans to act as alternate authorities to the royal house allowed the king greater freedom of movement in caling up men.
  4. Comets?: -10% stability cost: There is no reason to fear these heavenly objects.
  5. Royal Revenue: +10% Tax Income: Decline in the lands and assets available to the throne led to new and more regular taxation through the 17th century.
  6. Basilikon Doron: +1 Legitimacy: This 'Royal Gift' from James VI to his sons was a guidebook on how to be a good king. Unlike Machiavelli’s more cynical 'The Prince', the 'Doron' emphasized Christian virtues and choosing capable advisors.
  7. Act of Revocation: -20% cheaper cores.: To further centralize royal power, the kings of Scotland occasionally has to reclaim lands that had been parceled out to nobles while the crown was in the hands of weak regents.

1.黒ダグラス家の打倒:反乱リスク-1
 スコットランドにおける著名な貴族の一門であるダグラス家の歴史は、スコットランドの王権に挑戦し  て独立を果たそうとする戦いの記録でもあります。彼らの力が不都合なものとなったとき、略奪者と殺人 者が王の味方をして問題は解決されました。
2.王立スコットランド海軍の近代化:艦船コスト-10%
 王立スコットランド海軍は、ジェームズ3世とジェームズ4世の下で15世紀に大きく拡大しました。ス コットランドの船舶は、彼らの統治を通じてチューダー家の貿易航路を脅かしたのです。
3.一族の統制:人的資源+20%
 王家という権威の代理人の如く振舞うスコットランド王家一門の権力を制限することで、野郎共を収集す るに際してより大きな行動の自由が王に与えられます。
4.彗星:安定度-10%
 こんな天からの贈り物を怖がるとかイミがわからんいやマジで。
5.王の収益:税収+10%
 王家が利用できる土地と資産が減ることにより、かえって17世紀を通じて新しくより系統だった課税形 態がもたらされました。
6.Basilikon Doron:正統性+1
 ジェームズ4世から彼の息子へのこの「王家の贈り物」は、良き王たるべき方法を記したガイドブックで した。マキャベリによる皮肉的な'The Prince'と異なり、'Doron'はキリスト教の徳目を尊重し、有 能なアドバイザーを選出することとなりました。
7.撤回権:コア化20%安
 さらなる王権の中央集権化のため、スコットランド王はしばしば、力のない摂政が王権を手にしている間 に貴族共に分配されてしまった土地を取り返さねばならなかったのです。

When Scotland gets all their ideas, they get 25% cheaper land maintenance.

スコットランドが全てのアイディアを取得したとき、彼らの陸軍維持費は25%軽減されます。

With these ideas, Scotland is a flexible country. Early on, it relies on strong leaders and morale, enhanced by extra manpower. If they survive long enough, Scotland will have the wealth and stable monarchy that may allow expanding in Britain.

これらのアイディアにあるとおり、スコットランドは柔軟な対応ができる国です。序盤から、強いリーダーと志気、そして特別な人的資源による強化に頼ることになります。十分長く生き残ることができれば、スコットランドはブリテン内の拡張が許されるだけの富と安定した君主を得ることになるでしょう。

The Hansa
Ah, the Hansa. The country that isn’t really. To speak of the Hansa as a nation is a fudge in the game, since it was actually a very powerful trading league. But the close relationship between some of the northern German cities in the league at this time justifies giving them their due as more than single cities united in alliance.

ハンザ
あぁハンザよ、って本当は国家と違うけどね。実際のところすごく強力な交易同盟であったとはいえ、ハンザを国家として騙るなんてゲーム世界での戯言にすぎません。しかし、当時同盟に属した北部ドイツ諸都市の一部における親密な関係は、軍事同盟により結びついた都市国家以上の責務を彼らに与えることをも正当化しました。

Founded in the 13th century, the Hansa dominated Baltic and North Sea trade for centuries. Based in Lubeck, it eventually had ports of call as far east as Livonia and far west as England. Though the cities were all independent and free, they acted as a commercial cooperative whose collective power of negotiation made them a political and military power as well. Eventually, their ports in foreign lands were squeezed out by local competition and new regulations. For you to avoid that fate, you’ll need to understand the trade map.

13世紀に創立されてのち、ハンザは何世紀もの間バルト海と北海での交易を支配しました。リューベックを拠点に東は遠くリヴォニアから、西は遠くイングランドまで最終的には寄港地としたのです。同盟所属の都市は全て独立しかつ自由でしたが、彼らは交渉力のみならず政治力や軍事力についても結集させた商業的協同組合として活動しました。結局のところ、海外における彼らの港は、現地における競争と新たな慣例により一掃されてしまいましたが。このような運命を避けるために、あなたはトレードマップについて理解しなければなりません。

The Hansa starts with the cities of Lübeck, Bremen & Hamburg – three major German ports, As a merchant republic, they get one extra merchant to assign. Lübeck is the name of their home trade node, and it contains most of northern Germany and southwestern Scandinavia.

ハンザは、リューベック、ブレーメン、ハンブルクという3つの大きなドイツ港湾都市から開始します。そして、商業共和国である彼らには、1人の追加商人が割り当てられます。リューベックは彼らの国内貿易の中心点の名前であり、ここでいう国内貿易には北ドイツの大部分とスカンジナビア南西部が含まれます。

But the real power lies in the traffic that passes through. There are trade links through Lübeck coming from Wien, Frankfurt, Baltic Sea and the North Sea. Trade only leaves Lübeck through Antwerp. This means that a Hanseatic Player can control the trade in Eastern Europe if you so desire, by just dominating all nodes that feed into your home port. Or, if you’re ambitious enough, you can attempt to take part of the North American trade by steering it through the North Sea and into Lübeck.

しかし、本当の力はこれらの地域を通る交易路にあります。ウィーン、フランクフルト、バルト海と北海を通じてリューベックに至る交易の繋がりです。貿易は、リューベックからアントワープを通じてのみ許されています。これが意味するのは、ハンザのプレイヤーは、自らが望みさえすれば、あなたの国内貿易港として組み入れられた全ての中心点を支配することで東ヨーロッパの貿易を支配することができるのです。更に大望を望むなら、北海を通じてリューベックへと交易の繋がりを導くことにより、北アフリカの貿易に参画することに挑戦することもできるのです。

There are a few historical events for the Hansa, many focused around their most famous traders.

ハンザにはいくつかの歴史イベントがあり、その多くは最も有名な貿易商人たちに焦点をあてています。

National Ideas
The Hansa starts with +15% on trade range and +10% Trade Steering, making them better able to control the Baltic trade with their ships.

国策
ハンザは+15%の貿易範囲と+10%と貿易誘導を伝統としてスタートしますが、これは船舶によるバルト海交易の支配に有用なものとなるでしょう。

  1. End of Victual Brothers: +10% Trade Power.: The Victual Brothers were notorious Baltic pirates of the early 1400s. Them and their descendants hassled trade ships and raided port towns until they were finally destroyed.
  2. Strong League Obligations: +1 Merchant: The Hansa was more powerful when it could convince its member cities to act in union.
  3. Hanseatic Shipbuilding: -20% cheaper light ships.: The light ships of the Hansa will be essential for protecting whatever trade lanes you manage to dominate.
  4. Reformed Hansetag: -10% Stability Cost.: The Hansetag was a League parliament of city representatives that met irregularly in Lubeck. Its decisions were not binding.
  5. Hanseatic Levy System: +20% Manpower Recovery Speed.: Free cities full of capable young men, and all the gold you need to keep them fed.
  6. Regularised Contribution: +20% Provincial Trade Power: Once expectations are in place for member cities, it is easier to plan the trade routes and commitments of each member.
  7. The Hansa Bank: -1 Interest.: Though the Hanseatic League never established a banking system to compete with those in Bruges or Amsterdam, the capital was certainly there. And imagine if they had…

1.Victual Brothersの最後:貿易力+10%
 Victual Brothersは、1400年代前半における悪名高いバルト海の海賊です。彼らと彼らの子孫は、最終的に滅ぶまでに交易船を襲い、港町を襲撃し続けました。
2.強力な連盟としての義務:商人+1
 参加する諸都市に対して連盟として統一的な活動を行うことを認めさせたとき、ハンザはより大きな力を持つことになりました。
3.ハンザによる造船:小型船価格-20%
 あなたが支配する交易路を保護するには、ハンザ国籍の小型船が不可欠となります。
4.改善されたHansetag:安定度コスト-10%
 Hansetagとはリューベックにおきて不規則的に開催された都市の代表者による連盟会議です。この決定に拘束力はありませんでした。
5.ハンザ同盟の課税制度:人的資源回復速度+20%
 自由都市は、有能な青年と彼らが食べていくに十分なお金に溢れております。
6.制度化された貢献:プロヴィンスの交易力+20%
 ひとたび参加都市に適切な役割が振り分けられれば、より簡単にメンバー間における交易路の作成とその施工責任についての計画が行えます。
7.ハンザ銀行:利子-1
 ハンザ同盟は決してブリュージュやアムステルダムと競合する銀行機構を設立することはありませんでしたが、それをするだけの資本は有しています。さぁ想像してみましょう……

When fully powered up, the Hansa gets +10% trade efficiency.

フルパワーになったハンザは交易効率+10%を得ることになります。

This means that the Hansa are an extremely trade oriented nation – probably the most trade heavy of any state in EU4. They should be able to control the Baltic trade easily – if these three small cities can survive.

これは、ハンザが飛びぬけた交易志向国家、おそらくはEU4におけるあらゆる国の中でも一番交易に重点を置いていることを意味します。彼らは、たやすくバルト海の交易を支配することになるでしょう。まぁこれらの小さな3都市が生き残ることができたらの話ですが。

The Reformation
宗教改革

The Reformation is one of the central events in European history, and, necessarily, in Europa Universalis IV. Through the years of the series, we’ve changed how Protestanism appeared and when. In the first two EU games, it stuck pretty much to its historical place. In EU3 the Reformation was dynamic, and therefore more interesting, but it was also rather hidden. You never knew when an uppity monk would start nailing things to church doors, and you couldn’t do much to stop it.

宗教改革はヨーロッパ史における中心的なイベントの一つであり、EU4にとって不可欠な要素です。
シリーズを重ねるごとに、私たちはプロテスタンティズムがいついかなるかたちで現れるかを変更してきました。
EU1とEU2では、宗教改革は歴史通りの場所に起こりました。
EU3では、宗教改革はダイナミックで、より興味深く、しかし分かりにくいものでした。
あなたは教会の扉にいつ質問状が貼り出されるかは分からず、それを止めることもできませんでした。

In EU4, we have made the process more visible to the player, and actually made possible to direct the course of Catholicism and faith within your own country.

EU4では、私たちは宗教改革の過程をプレイヤーにとって見えやすいものにしました。
そして、カトリックのコースに直接的に、あなたの信仰にとって直接的にむすびつくようにしました。

The Catholic faith has a concept called Reform Desire, which is shown on the religious screen.* Whenever Catholic countries opt for short-term gains at the expense of the legitimacy of the church in various events and decisions, the Reform Desire slowly rises. This reflects growing disenchantment with Rome and with duplicitous monarchs that claim to be following the word of God.

カトリックの信仰は改革欲求と呼ばれるコンセプトをもちます。これは宗教画面で確認できます。
カトリック諸国はいかなるときでも(イベントやディシションで)教会の規制を拡張することで短期的にこの数値を上げられます。改革欲求はゆっくり上昇します。
これがもたらすものは、ローマや専制君主国に対する嫌悪であり、神の言葉に忠実になるべきだという主張です。

Protestantism, then, has a chance to appear whenever the Reform Desire is high enough.*Eventually someone is going to push the people too far and the church will be split. So how do you avoid this plague of Protestants from banging on your doors, then? Well, there are several viable ways to keep your country on the Road to Rome.*If youa are the Defender of the Faith, your provinces are less likely to convert. If you join the Counter Reformation (which occurs about 20 years after the Reformation) or picking the Religious Ideas group, you also have fewer things to worry about. And, of course, having cardinals in the curia assures your people that His Holiness knows when they are sleeping and knows when they’re awake.

プロテスタンティズムは、これにより、改革欲求が高いレベルにあるところならどこであれ勃興するようになりました。
ある国が教会の精神からあまりにかけ離れているとしたら、それも人々を後押しします。
だから、あなたがプロテスタントによって苦しめられることを避けたいなら、どうすればいいでしょう?
そうですね、あなたの国とローマとの結びつきを保つのがもっともいいやり方でしょう。
もしあなたが信仰の守護者なら、あなたのプロヴィンスは新教に転向しにくくなるでしょう。
もしあなたが対抗宗教改革に加わるなら(これは宗教改革の約20年後にやってきます)、あるいは宗教のアイデアを採用するなら、あなたは宗教改革について心配しなくてもいいようになるでしょう。
さらに、もちろん、教皇庁の枢機卿をもつことは、カトリックの住民たちを眠りこけたままにしてくれるでしょう。

As with many of the changes to our core systems, the idea is to give players chances to engage with history and become caught in waves of change, but never to leave them with the feeling that there was nothing they could do. If you aren’t worried about your religious unity or a slow and steady alienation from your Catholic neighbors, you can let the Protestants spread. But if you are France and want to keep the religious wars calm or playing a Spain that already has millions of Aztecs to convert, you should have ways of stemming – if not stopping – a Protestant takeover.

このように私たちは中核となるシステムにさまざまな変更を加えました。
このアイデアはプレイヤーに歴史に積極的に関わるチャンスを与えるものです。しかしできないことはできないままです。
もしあなたが宗教的統一について心配させられないなら、あるいはカトリックの隣国たちの間で孤立しているなら、あなたはプロテスタントの拡大を行うことができます。
しかし、もしあなたがフランスで宗教戦争を発生させないことを望んだり、あるいはスペインで既に数百万のアステカ人を改宗させているなら、(それが止められないものであったとしても)あなたはプロテスタントの台頭を食い止めるべきでしょう。

ps. Hear our Call to Arms: http://signup.europauniversalis4.com/

原文掲載サイト:
http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1429-Europa-Universalis-IV-Developer-diary-28-A-Kinderegg!-Three-in-one!

前 - 開発日記27 スパイについて
次 - 開発日記28 遊牧民国家の紹介


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-27 (土) 11:44:49 (2097d)