ムリ!

「なんですと!」

第69代ヴェネツィア共和国ドージェ(元首)ヴィターレ・スガイナ スフォルツァは
来訪者を前に思わず叫んだ。

来訪者はサンマルコ寺院の司教である。
昨日(1474年9月10日)のフリウリ制圧を受け、「祝辞」という名目でドゥカーレ宮殿に
訪ねてきた。
ドージェの側でも『助言』を実現させたいま、新たな『助言』を寺院が伝えにくるだろう、
とは予想していたのだが・・・

サンマルコの司教はとても正気とは思えない『預言』を述べたのであった。

【けんか売る気?】

147909_けんか売れと.JPG

「『ブレシアを支配する必要があります』って、ブレシアがどこの国の領土だか
司教だって知らないわけはないでしょう!」
スフォルツァは、壁にかかった地図を指差した。

【赤丸がブレシアの位置です。】

147411_版図.JPG

「ヴェネツィア共和国軍16,000人に対して、オーストリア軍の陸軍兵力は63,000人。
同盟国の軍隊全部を集めても到底敵う相手ではない。
それは本当に神の意思ですか。聞き違いではないのですか。」

「我らは神の声を伝えるのみ。そして、どのような声であっても正確に伝えるのが
役目です。」
司教は困り顔で答えた。

そのとき側近が口を挟んだ。
「その『助言』には一つ気になるところがありますね。」

「ん、なにかね。」
『ポー平原を北上!』とありますが、ブレシアの位置はヴェローナの西方。
『西進せよ』なら意味が通じますが、なぜ『北上』なのでしょう。」
「確かに・・・。」
「これまで『助言』は非常に長期の方向性を示してきました。
『北上』とあるからには、まずブレシア南方の都市を領土とした後に、
北上することを示唆しているのではないでしょうか。」

ブレシア南方にはピサ、シエナと比較的小規模の国家が存在している。
「なるほど・・・そのうちはと・・・。」

「だが、我らの真意がオーストリアに漏れては非常にまずい。
この『助言』は十人委員会で政策に反映させるのをやめよう。
長期的な方針はドージェの申送事項にするとともに、
ドージェ交代時にはサンマルコ寺院からも伝えることとし、
後世のドージェに国の方向性を必ず伝え、長きにわたり神の意思を保つこととしよう。」

翌日の十人委員会で、スフォルツァは新しい方針として、
旧アクイレイア領の地方の安定化を図るべく、常駐軍を配備することを求めるに
留めた。
ミッションが達成された後は、長期的な展望をドージェから示されることが多かったため、
その内容に委員は拍子抜けしたが、領土の安定化はもっともな政策であったため、
あまり不信感も持たなかった。

のちにオーストリアは、ヨーロッパ随一の陸軍大国に成長する。
小国ヴェネツィアの成長は、拡大する北方の超大国に立ち向かうための国力を
いかにしてつけるか、という無謀かつ遠大な挑戦から始まった。
北にオーストリア、南にオスマンと大国に挟まれたヴェネツィアにとって、
それは決してたやすい道のりではなかった。


次話「No.15 産業構造の転換期(1470-80年代)」につづく
前話「No.13 フリウリ征服戦争(1466年3月-1474年9月)」にもどる
タイトル「アドリア海の女王」にもどる


添付ファイル: file147411_版図.JPG 287件 [詳細] file147909_けんか売れと.JPG 277件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-17 (土) 11:24:01