交易政策の成功(1539-47年)

大改革の成果

【好景気】

【好景気】
第75代ドージェ(元首)レオナルド・バリラ・ロッキが行った大改革は、1539年以降になり、ようやくその効果が目に見えるようになった。

1539年は、統一的交易方針がうまくいったおかげで好景気に沸き、交易効率がさらに上がった。

【市場】
1444年になると、自然発生的に
「各地でも日を決めて商売人が集まって物を売れば、便利じゃないか?」
という声があがり、『市場』*1がたつようになった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また

【海外進出】
また、海外進出に目をむけ自由貿易主義を推し進めた結果、海外の貿易中心地に商人が進出しやすくなった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【運河建設命令】

【運河建設命令】*2
1445年になると、
「陸地でももっと楽に商品を運びたい!」
という声が強くなり、国内で初の運河が建設された。
(もともと、ヴェネツィア自体が運河みたいなものなので、本物の運河を作るのは容易であった。)

 
 
 
 
 
 
 
【やっぱ環境が良くなきゃね】

【やっぱ環境が良くなきゃね】
このように商業を行いやすいインフラを整えたおかげで、他国の商人がヴェネツィアに関心を示すようになった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【いつの時代も都会がいいんだなぁ】

【いつの時代も都会がいいんだなぁ】
商都ヴェネツィアに関心を示したのは商人ばかりではない。
都会に憧れるようになった地方の農民も、ヴェネツィアに移住するようになった。
そのおかげで、短期的には地方で混乱が起こったのであるが・・・。

努力すればするほど暮らしが良くなる、ヴェネツィア市民にとっては良き時代であった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

次話「No.25 ドメニコ・プリウリの宗教改革(1560-61年)」につづく
前話「No.23 冷徹な改革者(1530-34年)」にもどる
タイトル「アドリア海の女王」にもどる


*1 ≪作者注釈1:市場≫「交易21」で採用可能。「人口増加+1%」「(その州の)交易収入+2」の効果がある。
*2 ≪作者注釈2:運河建設命令≫National Focus関連の施政方針。「統治20」「交易20」「海軍15」「役人4人」等が必要。「(その州の)交易収入+0.2」の効果がある。

添付ファイル: file154712_商人が食指.JPG 243件 [詳細] file154710_首都移住.JPG 244件 [詳細] file154509_運河の設立.JPG 235件 [詳細] file154404_交易の拡大.JPG 260件 [詳細] file153904_交易政策成功.JPG 258件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-27 (土) 18:05:23