[[モンゴル再興 ~DWモンゴル汗国で世界帝国~]]


*三つ巴 1439年 [#ned99de1]
*三つ巴 1443年 [#ned99de1]

遊牧民の継承争いは2年間つづく。
その間はいつものようにが隣国と勝手に開戦してしまう事はないのだが、
2年たつと国内情勢がどれだけ混沌としていようが開戦してしまう。
今回の反乱は極めて大規模なもので、反乱軍を殲滅させる前に明が攻めて込んできてしまった。
たちまちモンゴル国内で、モンゴル軍、明軍、反乱軍の三つ巴の戦いが始まった。
うまく明軍と反乱軍をぶつけ漁夫の利を狙い、
ある程度双方消耗したところで明とは朝貢で講和に持ち込み、弱った反乱軍を叩き潰す。
先の戦いで損耗した影響がここまでモンゴル軍を弱体化させていたのか。
新王になって早々、手痛い洗礼を受けてしまう結果となってしまった。


**モンゴル軍弱化? 1444年 [#i6b2993b]

ここ何戦かして、なぜか明軍に勝てなくなってきた。
モンゴルと明軍の兵の強さも、士気も特別負けているわけではなく、
むしろ将軍の質の差ではこちらに大きく分があり、
部隊数もお互い15部隊とほぼ同じ条件なのに負けてしまう。
明の領地を奪取するどころか、以前のように朝貢に持ち込むのが一杯一杯になってしまった。
なぜだ?

どうやら部隊の内容に問題があったようだ。
モンゴル軍の部隊編成は、すべて歩兵10000+騎兵5000の編成に対し、
明軍の編成は騎兵15000で構成されている部隊があった。
騎兵は歩兵の2倍の突撃力があるので、歩兵換算で言うと、モンゴル軍20000、明軍30000ということになる。
これでは負けても当然だ。
しかし、モンゴル軍には資金力がない。
元々数に劣る上に明軍と同じ編成にするのも到底無理な話だった。
豊富な資金力にものを言わせた明軍に立ち向かうにはどうすればよいか、トゥルイ・ハーンは考える。


**機能分化、殺戮軍と制圧軍 [#t0d168df]

トゥルイ・ハーンは軍制改革を行う。
既存のモンゴル式、すなわち何でもできる軍を複数持つのではなく、
明軍決戦用の殺戮軍と、その後ろにつき、占領して回る制圧軍に分化したのだ。

殺戮軍は騎兵14000+歩兵4000、占領軍は歩兵のみ12000とした。

**決戦 1448年 [#te7ede04]

再び戦の時がやってきた。
新たな軍制で明軍7万に挑む5万のモンゴル軍。
両者が国境で激突する。
要は敵明軍15000の騎兵と、新たに編成したモンゴル殺戮軍の勝敗だ。
新たな軍制で明軍7万に挑む5万のモンゴル軍が国境で激突する。
この戦の分水嶺は敵明軍15000の騎兵と、新たに編成したモンゴル殺戮軍の勝敗だ。

結果はモンゴル軍の逆転、圧勝に終わる。
ここで、遊牧民の特性が大きく味方する。

ここで、遊牧民の特性が大きく味方した。
騎兵の割合がある一定以下の時、諸兵科ボーナスという攻撃ボーナスがつく。
これが遊牧民はなんと100%なのだ。
一方定住民は30~40%がせいぜいなので、明軍にはこのボーナスは付かないが、遊牧民には付く。
この差も大きかったのか、予想以上の大戦果をあげ、文字通り明軍を虐殺することに成功する。
一方定住民は30~40%がせいぜいなので、明軍にはこのボーナスは付かないが遊牧民には付く事になる。
この差も大きかったのか予想以上の大戦果をあげ、文字通り明軍を虐殺することに成功する。

|&ref(mongo30.jpg);|
|100%といっても1部隊は歩兵を入れないと諸兵科ボーナスは発動しない|


**華北陥落 1448年 [#fb23b591]

制圧軍が引き絞られた弓から放たれる矢のように華北諸地域に襲いかかる。
制圧軍が引き絞られた弓から放たれる矢のごとく華北諸地域に襲いかかる。
まとまった数の明軍が出てきたら虐殺軍が迎撃する。
以前は簡単占領済みの土地が明に取り返されていたものだが、
今回は寄せ付ける事すら出来ずに次々と明軍は撤退していく。
そうこうするうちに北京以北の土地は恭順の意を示し、遂に制圧するに至ることができた。
以前は簡単に占領済みの土地が明に取り返されていたものだが、今回は明軍が洲にとりつくや否や殺戮軍に蹴散らされる。
そうこうするうちに北京以北の土地は恭順の意を示し、遂に制圧するに至る。

しかしこちらの人的資源も無限ではない。
徐々に息切れを始めるモンゴル軍。やられてもやられても北へ押し寄せる明軍。
完全に取り返しのつかない事態に陥る前に、こちらが敗北を認める講和した。
しかし、いつも大きな負担となっていた朝貢を行わず、しかも有力な華北の州である遼東、遼西を奪取したので、実質的にはモンゴル軍の大勝利といえる。
完全に取り返しのつかない事態に陥る前に、こちらが敗北を認め講和した。
しかし、いつも大きな負担となっていた朝貢を行わず、しかも有力な華北の州である遼東、遼西を奪取したので、実質的にはモンゴル軍の勝利といえる。
それよりもさらに大きいのは「我々は明軍に勝てる」という確たる自信を持てたことだった。
承徳の時と違い、今回は正面切って戦い、実力でもぎ取った土地だ。
今回勝てたのなら次回も勝てるという希望を胸に帰路に就くトゥルイ・カーンであった。

|&ref(mongo31.jpg);|
|遂に北京以北を掌中に収めた|
|遂に北京以北を掌中に収めた。|


*今後の方針 [#t556ade6]

今後、どのようにモンゴルが進むべきか。

一つは以前からの基本戦略である征西による、モンゴル文化地域の統一のみならずモンゴルの所属するアルタイ文化グループを統一戦に乗り出す方針。
二つ目はこのまま明との戦いを続け、中原の覇者となる道のどちらかを取るか。
征西の目標はヨーロッパへの殴りこみ、南征の目的は中国の完全支配にある。
いまモンゴルは来る西欧化に向けて準備中で、政治体制を逸脱した国家方針による反乱感情はもはや爆発寸前だ。
しかし悲願である中国征服と、それによる人的資源不足&収入不足解消のメリットも大きい。

長考の末、ハーンは決断する。
ヨーロッパ征服、インド征服は始祖チンギス・ハーンの悲願である。
しかし目前の大国、明を隣国においての長征はあまりにも危険であり、途中で息切れすることは必至。
ならば反乱の苦痛に耐えてでも、黄河流域を支配し、地盤を固めるべきと判断し、
モンゴル中の万戸長、千戸長に令を飛ばす。
中国を支配するか、それとも反乱の渦に再びモンゴルが飲み込まれるか。

長い中国征服戦争の始まりであった。


-----
[[モンゴル再興 ~DWモンゴル汗国で世界帝国~]]へ戻る
[[モンゴル再興(11)]]へ進む



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS