[[EU3講座]]

''Europa Universalis IV Developer diary 20 - A Tale of Two Cities''
by Johan
Published on 15-02-2013

''ヨーロッパ・ユニバーサリスIV 開発日記 20 - 二つの都の物語''
著:ヨハン
発行日:2013年2月15日

Welcome to the 20th development diary on Europa Universalis IV. Today we offer you a great tale of two cities - a magnificent saga of trade in the Mediterranean and a rivalry to dominate that trade. We bring you Venice and Genoa, trading capitals of Italy. 

20回目のEU4開発日記にようこそ。今日は二つの都市の偉大なる物語をお目にかけましょう。地中海における交易と、その支配権をめぐる争いの壮大なサーガです。私たちはイタリアの交易中心地、ヴェネツィアとジェノヴァのについての話をお届けします。

Both start as merchant republics, a government form that increases their trade power by 10%, their trade efficiency by 5% and gives them an extra merchant. Both of these republics are formidable trade powers, but in your hands, who knows where their destiny lies? Among other things that Venice and Genoa have in common, both of these states have the decision to Confirm Thalassocracy (a fancy word for “Ships are awesome and will be our backbone), which gives a dramatic boost to their navy and trade power once they get a colonial empire going. 

双方ともにゲーム開始時から重商共和制であり、その政体によって交易力に10%、交易効率に5%と追加の商人のボーナスを得らられます。どちらの共和国も恐るべき交易大国ですが、あなたの手によって彼らの運命がどこに至るのか、誰が知ることができるでしょう?ヴェネツィアとジェノヴァに共通するものは多いですが、その中でも特徴的なのが「Thalassocracy/海洋覇権(”最強の艦隊こそが我らの拠りどころである”という意味のカッコイイ言い方)の宣言」の政策があります。これによって、一旦植民地帝国を作り上げれば海軍と交易力に驚異的なブーストを得られます。

''Venice''
''ヴェネツィア''

Situated on the Adriatic Sea, Venice always traded with the Byzantine Empire and the Muslim world extensively. But in history, Venice's long decline started in the 15th century. When Christopher Columbus discovered the New World and Portugal found a sea route to India, Venice's land route monopoly through the Silk Road and focus on Eastern Mediterranean ports became pointless, striking at the very foundation of Venice's great wealth. 
Portugal was followed by France, England and Holland and Venice's oared galleys were at a disadvantage when it came to traversing the great oceans. Without a sizeable fleet of seaworthy vessels, Venice was left behind in the race for colonies.

アドリア海の奥に位置するヴェネツィアは、ずっと以前からビザンティン帝国やムスリム世界と幅広く交易をしていました。しかし史実において、ヴェネツィアの長い衰退は15世紀に始まるのです。クリストファー・コロンブスが新世界を「発見」し、ポルトガルがインドへの海路を見つけたとき、ヴェネツィアのシルクロードを通って東地中海の港に至る陸路の独占は無意味になってしまい、ヴェネツィアは莫大な富の源泉に大打撃を受けました。ポルトガルにはフランス、イングランド、オランダが追随し、ヴェネツィアの櫂走ガレー船は大洋を航海するということになると不利な立場になってしまいます。波に強い船による大艦隊無しでは、ヴェネツィアは植民地レースに遅れをとるばかりでした。

So the question is, will you be able to do better and change history to hinder the slow decline and keep Venice as the great trading nation?

つまりここで問われるのは、あなたがヴェネツィアの緩やかな衰退を食い止め、偉大な交易国家であり続けるため歴史をより良い方向に変えることができるのかということなのです。

The fact is that Venice does start in 1444 with an enviable strategic position. It has extensive dominions both along the Adriatic Sea and the Eastern Mediterranean, with a port in Crete serving as a great base for its navy. At this point, only the Ottoman fleet can really challenge Venice in this area, which is doubly important since Venice itself is an island - so long as its galleys control the Adriatic, it is almost impossible for a rival army to cross and lay siege to the great city.

実際、ヴェネツィアは1444年のスタート時には他国から羨まれるような戦略的優位にありました。それはアドリア海から東地中海にまたがる広大な領域の支配で、加えてクレタ島の軍港が海軍の巨大基地として機能していました。その時点では、この地域でヴェネツィアに実際に挑戦できるのはオスマン帝国の艦隊だけです。そしてヴェネツィアが島であるということがその事実の重要性を倍にしています。ガレー船がアドリア海を支配しているかぎり、ライバルの軍が海を渡ってこの大都市を包囲することはほぼ不可能なのです。
実際、ヴェネツィアは1444年のスタート時には他国から羨まれるような戦略的優位にありました。それはアドリア海から東地中海にまたがる広大な領域の支配で、加えてクレタ島の軍港が海軍の巨大基地として機能していました。その時点では、この地域でヴェネツィアに実際に挑戦できるのはオスマン帝国の艦隊だけでした。そしてヴェネツィアが島であるということがその事実の重要性を倍にしています。ガレー船がアドリア海を支配しているかぎり、ライバルの軍が海を渡ってこの大都市を包囲することはほぼ不可能なのです。

Venice’s naval power and domination of the Adriatic Sea means it also dominates the trade node in this area, one of the richest in the early game, a legacy of centuries of investment in diplomacy and warships to keep control of that rich Eastern trade.

ヴェネツィアの海軍力とアドリア海の支配権はこの地域の、ゲーム初期においては世界でも有数の豊かな交易点の支配権をも意味し、何世紀にもわたる外交と軍船への投資という遺産はこの東方交易を掌握するためにあったのです。

''Venetian Events''
''ヴェネツィアのイベント''

Venice was one of those major countries that had very few historical events in Europa Universalis II, the last Europa Universalis game to really dedicate time on events. They did inherit Cyprus and experienced worsened relations with The Ottoman Empire, but not much else. In Europa Universalis IV, however, we’ve given them a fair amount of interesting historical events, which will deeply enrich the experience of playing them! These events include how to handle the Inquisition in Venice, and, of course, the origins of the word Ghetto.

イベントに実に多くの時間を費やした最後のヨーロッパ・ユニバーサリスだったEU2では、ヴェネツィアはほとんど歴史的なイベントが無かった大国の一つでした。彼らはキプロスを継承し、オスマン帝国との関係悪化に悩まされていましたが、それ以外のイベントは何もありませんでした。しかしEU4では、かなりの量の興味深い歴史イベントを用意するつもりです。これらはプレイ体験を大いに豊かなものにしてくれるでしょう!そのイベントの中には例えばこんなものもあります…ヴェネツィアの異端審問をどう扱うか、そして、もちろんのこと、ゲットーという言葉の起源についても。
イベントに実に多くの時間を費やした最後のヨーロッパ・ユニバーサリスだったEU2では、ヴェネツィアはほとんど歴史的なイベントが無かった大国の一つでした。彼らはキプロスを継承し、オスマン帝国との関係悪化に悩まされていましたが、それ以外のイベントは何もありませんでした。しかしEU4では、かなりの量の興味深い歴史イベントを用意するつもりです。これらはプレイ体験を大いに豊かなものにしてくれるでしょう!そのイベントの中には例えばこんなものもあります…ヴェネツィアの審問の扱い方、そして、もちろんのこと、ゲットーという言葉の起源についても。

''Venetian National Ideas''
Venice starts with +10% trade power in foreign trade nodes, and +10% to their trade efficiency.

''ヴェネツィアの国策''
ヴェネツィアは開始時から、他国の交易点における10%の交易力と交易効率に10%のボーナスを得ています。

1.Venetian Arsenal: -33% cost for Galleys 
In the Mediterranean, galleys and galleasses will be the masters of the sea for quite a while. Historically, the Venetian need for a strong naval presence meant the creation of one of the greatest oar based navies the world has seen.

1.ヴェネツィア造船所:ガレー船のコスト-33%
地中海では、ガレー船とガレアス船(大型のガレー船)は当分の間支配者であり続けるでしょう。歴史的に、ヴェネツィア人はガレー船で構成された世界有数の海軍を作っていたことでわかるように、強力な海軍の存在を必要としていました。

2.Printing Industry: +1 extra diplomat 
For much of the 15th century, the Venetian culture of openness and the quality of its paper made it a hub for scholars and writers that wanted to see their works published. 

2.印刷業:追加外交官+1
15世紀のほとんどの間、ヴェネツィアはその寛容な文化と紙の質の高さによって、作品を出版したい学者や作家達の拠点となっていました。

3.Stato Da Mar: +10% Trade Income
The Stato da Mar was the Venetian name for all of her possessions beyond the Italian homeland. These were administered as a single unit within the Venetian bureaucracy, making management of their potential much more efficient

3.スタト・ダ・マル:交易収入+10%
スタト・ダ・マルはイタリア本土以外の国の所有権を表すヴェネツィアの呼び方です。これはヴェネツィアの国家機構内のある部署で管理され、その潜在能力をさらに効率的に運用させていました。

4.State Inquisition: +30% Spy Defense
Not connected to the religious Inquisitions that were common in this period, the three State Inquisitors of Venice had power almost equal to that of the Council of Ten that ruled the city state, at least in regards to investigating threats against the city and charges of treason.

4.国家審問:スパイ防御+30%
この時代には一般的であった宗教裁判とは無関係でしたが、3人のヴェネツィア国家審問官は都市への脅威や裏切りを捜査し、その職務においてはこの都市国家を支配していた10人委員会に等しい権限を持っていました。
この時代には一般的であった宗教裁判とは無関係でしたが、3人のヴェネツィア国家審問官は都市への脅威や裏切りを捜査し、その職務においてはこの都市国家を支配していた十人委員会に等しい権限を持っていました。

5.Conscription: -33% Naval Maintenance 
Venice did not use slaves on its galleys, preferring to go to its Dalmatian provinces and draw peasants and villagers by lot to serve in the navy. And every merchant ship - by law - had to carry a significant store of arms to help preserve Venetian dominance. 

5.徴兵:海軍維持費-33%
ヴェネツィアはガレー船の漕ぎ手に奴隷を使わず、ダルマツィア州に行って農奴や村人から抽選で海軍に勤務させる方を選びました。そして全ての商船は―法的には―ヴェネツィアの支配力の維持のためにかなりの量の武器の輸送を義務付けられていました。

6.Defend the law: -10% Stability Cost
In the early 17th century, Venice confronted the Vatican over the issue of whether clergy were subservient to secular law, even in the matter of quite petty crimes. Despite a Papal Interdict and the threat of French or Spanish intervention, Venice held to its principles and won the dispute.

6.法の遵守:安定度コスト-10%
17世紀の初め、聖職者がどんな小さな犯罪についても世俗の法に従うかどうかでヴェネツィアとヴァチカンは対立しました。教皇の聖務停止命令とフランスやスペインの干渉にもかかわらず、ヴェネツィアは原則を堅持し、この議論に勝利しました。

7.Provveditori ai beni Inculti: -25 land and naval attrition 
Roughly translated, “the supervisors for making untilled land better”, these officials helped expand the agricultural base of Venice and her nearby possessions, reclaiming fertile land in the service of the state.

7.未耕作地改良監督者:陸軍・海軍消耗-25
直訳すると”未耕作地改良監督者”となりますが、この役人はヴェネツィアと近隣の領地の農業基盤の拡大に勤め、国家のために肥沃な土地を開墾しました。

When Venice has unlocked its national ideas, they get a +50% power bonus to their galleys. Venice is a country designed around trade and naval power, controlling the Mediterranean. With their high defense against spies and lowered stability cost, they are less vulnerable to covert actions. If you can get to the higher National Ideas, the reduction of maintenance and naval attrition gives Venice a chance to build a colonial empire.

ヴェネツィアが(全ての)国策を開放したとき、ガレー船に+50%の戦力ボーナスを得ます。ヴェネツィアは地中海を支配する交易と海軍力の国としてデザインされています。スパイへの防御と低い安定度コストによって、秘密工作に対して弱みを見せることはありません。より高度な国策を採用できれば、ヴェネツィアは維持費と海軍消耗の低減によって植民地帝国を築くチャンスを得られるでしょう。

''Genoa''
''ジェノヴァ''

Genoa has been nicknamed la Superba due to its glorious past and being the birthplace of Christopher Columbus. Dark times did reign where The Black Death struck hard on both Genoa and it also lost Sardinia to Aragon, Corsica to internal revolt and its Middle Eastern, Eastern European and Asia Minor colonies to the Ottoman Empire.

ジェノヴァはその輝かしい歴史とクリストファー・コロンブスの出生地であることから「ラ・スペルバ」との異名を持っていました。しかし黒死病の衝撃がジェノヴァを襲い、暗黒時代を過ごすことになります。その結果、サルデーニャがアラゴンへ、コルシカが反乱に支配され、中東、東欧と小アジアの植民地がオスマン帝国に奪われました。
ジェノヴァはその輝かしい歴史とクリストファー・コロンブスの出生地であることから「ラ・スペルバ(華麗なる都)」との異名を持っています。かつては黒死病の衝撃がジェノヴァを襲い、暗黒時代を過ごすこともありました。その結果、サルデーニャがアラゴンへ、コルシカが反乱に支配され、中東、東欧と小アジアの植民地がオスマン帝国に奪われました。

However Genoa rose from the shadows and was able to stabilize its position as it moved into the sixteenth century, eventually taking cover as a satellite of the Spanish Empire. Under the resulting economic recovery, many aristocratic Genoese families amassed tremendous fortunes. The practices Genoa developed in the Mediterranean were crucial in the exploration and exploitation of the New World. Christopher Columbus, who was a native of Genoa, donated one-tenth of his income from the discovery of the Americas for Spain to the Bank of Saint George in Genoa.

しかしジェノヴァはその影から立ち直り、16世紀になるとその地位を安定させることに成功し、最終的にスペインの衛星都市としての立場に収まります。経済的復興の結果として、多くの貴族階級のジェノヴァ人一族が驚異的な財産を築くことに成功しました。そして地中海で積み重ねられたジェノヴァの経験は新世界での探査と搾取活動にとって非常に重要なものとなったのです。生粋のジェノヴァ人であるクリストファー・コロンブスは、スペインのためのアメリカ発見から得た収入の十分の一をジェノヴァのサン・ジョルジュ銀行に寄付しました。

Will you be able to make your empire rise from the dark past or will you struggle in the race for the fortunes of the New World?

あなたはあなたの帝国を暗い過去から蘇らせることができるでしょうか?そして新世界の富の獲得レースに挑むことができるでしょうか?

The Genoese strategic position is not as great to start as that of Venice. First, its overseas territories on the Black Sea will mean fighting the inevitable defensive war far from home, beyond the bottleneck of the Dardanelles. Second, it is more vulnerable to a Milanese attack than Venice, behind its sea walls, and faces a strong France not too far away. But it has a very strong navy, easy dominance over its local trade node compared to the tiny city states of Italy to its East and there are enough strong and mid-power states not too far away to make alliances useful.

開始時点のジェノヴァの戦略的位置はヴェネツィアほど優れてはいません。まず第一に、ジェノヴァの黒海の海外領は必然的に本土から遠く離れ、ダーダネルスというボトルネックを通って防衛戦争を戦わざるを得ないのです。第二に、水の壁に遮られているヴェネツィアよりもミラノの攻撃に脆弱であり、さらに強力なフランスに対峙する時もそう遠くではありません。しかしジェノヴァは強力な海軍を持っており、この地域から東方への交易点を支配することはイタリアの小都市国家に比べると簡単ですし、十分な力がありそれほど離れてはいない中規模国家との同盟は有益です。
開始時点のジェノヴァの戦略的位置はヴェネツィアほど優れてはいません。まず第一に、ジェノヴァの黒海の海外領は本土から遠く離れ、必然的にダーダネルスというボトルネックを通って防衛戦争を戦わざるを得ないのです。第二に、水の壁に遮られているヴェネツィアよりもミラノの攻撃に脆弱であり、さらに強力なフランスに対峙する時もそう遠くではありません。しかしジェノヴァは強力な海軍を持っており、この地域から東方への交易点を支配することはイタリアの小都市国家に比べると簡単ですし、十分な力がありそれほど離れてはいない中規模国家との同盟は有益です。

''Genoese Events''
''ジェノヴァのイベント''

Genoa had only one historical event in Europa Universalis II, and while they are not on the level of Venice now, they have been given about a dozen events, including a small but interesting chain on Andrea Doria, the great admiral and re-founder of the Genoese republic. Does the republic need this great son, or is it too risky to bring this ambitious and talented soldier into the bosom of the state?

ジェノヴァの歴史イベントはEU2ではたった一つだけでした。そして、今回もヴェネツィアの水準には及びませんが、ジェノヴァはかなりのイベントを得ました。その中には小粒ですが面白い、偉大な提督でありジェノヴァ共和国の再建者であるアンドリア・ドーリアの連続イベントがあります。果たして共和国はこの偉大な息子を必要とするのでしょうか、それともこの野心と才能に溢れた軍人を国家の内部に迎え入れることは危険すぎるのでしょうか?

''Genoese National Ideas''
Genoa starts with +10% to their trade efficiency, and a -0.5% reduction on interest payments on loans. With a base of 4% on loans, this is a rather powerful tradition to have.

''ジェノヴァの国策''
ジェノヴァは初めから、10%の交易効率と利子に-0.5%のボーナスを得ています。借金の4%が基本の利子なので、これはかなり強力な伝統であると言えるでしょう。

1.Reunited Genoa: -10% Stability Cost 
Genoa is still recovering from the collapse of its Eastern outposts. The Republic has to regroup and refocus on its regional power for now.

1.ジェノヴァ再建:安定度コスト-10%
ジェノヴァは東方の前哨地の崩壊から回復する途上にあります。この共和国はその地域的な力を再編成し、再び東方に目を向ける必要があるのです。

2.Lessons of Chiogga: +0.5 Naval Morale 
Once the greatest naval power in the Mediterranean, Genoa’s crushing defeat at the hands of Venice at Chioggia in 1380 humiliated and crippled Genoese influence east of Naples. But a smart admiral takes cues from the past to improve the future.

2.キオッジアの教訓:海軍士気+0.5
ジェノヴァはかつては地中海最強の海軍力を誇っていましたが、1380年にキオッジアでヴェネツィアに壊滅的な敗北を喫するという恥辱を味わい、ジェノヴァの影響力がナポリの東までに限定されてしまう結果となりました。しかし、賢明な提督であれば、これらの過去を教訓に未来をより良いものにできるでしょう。

3.Genoese Trade: +10% trade power in foreign trade nodes 
Centuries of trading experience made Genoa an economic power even as her political star continued to fade through the centuries.

3.ジェノヴァ交易:他国の交易点で交易力+10%
何世紀もの交易の経験により、偉大な人物が現れなくてもジェノヴァはその交易力を成長させてきました。

4.The Genoese Arsenal: -33% Galley Cost 
Like Venice, Genoa is a galley fleet to begin with. Use these ships to maintain your power as long as you can.

4.ジェノヴァ造船所:ガレー船コスト-33%
ヴェネツィアの様に、ジェノヴァもガレー船が主力でした。この船を使える限りは使って、勢力を維持するべきです。

5.Overhauled Bureaucracy: +10% Tax Modifier. 
On the restoration of Genoan indepdence, Andrea Doria reconstituted the Genoan Republic in 1528, reducing the chances for factional rivalry and strengthening the hand of the aristocrats by dividing power among “clans”. This greatly strengthened the state.

5.刷新された官僚機構:税収補正+10%
ジェノヴァの独立の回復において、アンドレア・ドーリアは1528年にジェノヴァ共和国を再構築し、部門の競合の機会を減らし、「氏族」間で権力を分割することによって貴族の立場を強固にしました。この改革により、ジェノヴァは大いに強化されました。

6.Office of the Grand Admiral: +33% Naval Force Limit 
The highest military office in a maritime republic, the Grand Admiral can call on the resources of the state to support his grand ambitions.

6.大提督の軍務局:海軍戦力限界+33%
海洋共和国における最高位の軍事部門を通じて、大提督は個人の野望のために国家の資源を要求することができました。

7.Standardization of Designs: 10% faster ship construction. 
Shipbuilding became much more efficient as the centuries wore on, and standardization of measurements and materials made it possible for a small state like Genoa to keep its fleet afloat.

7.設計の標準化:船舶建造高速化10%
何世紀かが経つにつれ、造船はより効率的になっていきました。そして計測と原料の標準化は、ジェノヴァのような小さな国でも自国の艦隊を浮かべ続けることを可能にしたのです。

When Genoa is fully powered up, they get 33% cheaper naval maintenance. Genoa is a country that can punch above its weight when it comes to naval capacity (with morale and construction bonuses), while also being a good trade power. Since naval power and trade power go more tightly hand in hand in Europa Universalis IV, this is a sensible path for Genoa to stay on. If Genoa does decide to build a land empire, it can use its fleet to block amphibious landings to choke off enemy ports, but it will need further ideas to compete on even footing off the seas.

ジェノヴァが全ての強化を終えた場合、海軍維持費-33%のボーナスを得られます。ジェノヴァは優れた交易力を持つだけでなく、(士気と造船ボーナスによって)海軍の潜在力の点では自らのウェイト以上のパンチ力がある国です。EU4において強固に結び付けられている海軍力と交易力は、ジェノヴァが生き延びるための合理的な道と言えるでしょう。もしジェノヴァが大陸国家を築こうと決めた場合、艦隊で敵の港を封鎖し上陸軍を阻止することができます。しかしそれには海洋へのアクセルを離すだけではなく、他国と競い合うためのさらなるアイデアが必要になるでしょう。

''Bonus Feature: Annexation & Integration''
''オマケ詳細:併合と統合''


Annexation - that most powerful of diplomatic tools. We have changed how annexation and integration works in Europa Universalis IV. So say good bye to that thrilling gameplay mechanic of sending a diplomat to a vassal, asking for annexation, hoping they answer yes, and then, if they don’t, repeating this amazingly fun experience until they have answered yes (all the while sending enough money to keep diplomatic relations high enough). Yeah, I know you will miss it as much as I will.

併合…それはもっとも強力な外交ツールです。EU4では、私たちは併合と統合の仕組みを変えることにしました。属国に外交官を送り、併合を要求し、イエスという答えを期待し、そしてダメだったら、彼らがイエスと答えるまでこの驚異的に楽しい体験を繰り返す(その間外交関係を高く保つためにずっとお金を送り続ける)、こんなスリリングなゲームシステムにはサヨナラを告げましょう。ああ、もちろんあなたが私と同じぐらいこれが無くなるのを寂しがっていることは知ってますよ。

Clearly, this repeated action was annoying and could be simplified since all you’re really doing is sending envoy after envoy until the annexation works. So, to reflect that action but with fewer steps, to annex a vassal (or integrate member of a personal union), you need to send a diplomat on that mission to that country. This is one of those diplomatic actions that your envoy will keep doing until the job is done or he is recalled. Progress towards annexation will slowly tick up, based on factors such as the stability of target, how long they have been a vassal, your diplomatic reputation (formerly known as diplomatic skill), the size of target and other minor factors. Annexing a small vassal can take between 5 and 20 years depending on who is annexing whom.

このイライラする作業の繰り返しは明らかにもっとシンプルにできるものなのです。実際やってることと言えば併合が成功するまで使節を次から次へと送りつけているだけなのですから。というわけで、この属国併合のための(あるいは同君連合の統合のための)行動をより少ない手順で反映させるために、まずあなたはその使命を帯びた外交官を対象の国に送る必要があります。この外交活動により、使節は仕事が完成するか、自国に呼び戻されるまでその国に留まり続けます。併合の進行はゆっくりと進み、対象国の安定度、属国になってからの期間、あなたの外交的評価(以前は外交スキルとして知られていたもの)、対象の大きさと他の小さな要素によって決まります。小さな属国の併合は、だれが併合しようとしてるのかにもよりますが5年から20年ぐらいかかるでしょう。

To get a bit of flavor to go with this dev diary on how it is to actually play as Venice;

この開発日記に合わせて、実際のヴェネツィアでのプレイがどんなものか見てみることでちょっとした雰囲気を味わってみませんか?

I recommend that you read this lovely article from the Paradox Interactive Convention:
''Europa Universalis IV: The betrayal of Venice at Destructoid''
A tale of greed, rebellion, and lost glory

パラドックス・インタラクティヴ・コンベンションについての素敵な記事はいかがでしょう。
パラドックス・インタラクティヴ・コンベンションでの素敵な記事はいかがでしょう。
''ヨーロッパ・ユニバーサリス4:Destructoid(ゲーム情報サイト)でのヴェネツィアの裏切り''
欲望、反乱そして失われし栄光の物語

“Being a gentleman (the worst trait for an EU player), I said I'd be happy to team up with someone and share responsibility for whatever mess we found ourselves in. So I had joint command of wealthy Venice with Rock, Paper, Shotgun's Adam Smith. Our plan was a simple one: drown in gold. That we actually ended up drowning in blood and rebellions just goes to show that no plan survives the first five minutes in EUIV, especially when other human players are thrown into the mix. “

「ジェントルマン(EUプレイヤーとして最悪の特徴)として、私は誰かとチームを組んで私達の内にある面倒事について責任を分担することは幸せであると言いました。そして私は豊かなヴェネツィアのためにRock、Paper、Shotgun's Adam Smithと統合部隊を組織しました。私たちの作戦はシンプルです:金に溺れる。実際には私達は血と反乱軍に溺れる羽目になり、EU4では全ての作戦は5分も持たないということを証明しただけでした。特に他の人間プレイヤーの中に投げ込まれた場合は。」
「ジェントルマン(EUプレイヤーとして最悪の特徴)として、私は喜んで誰とでもチームを組むし、チーム内で面倒事が起きても責任を分かち合えるだろうと言いました。そして私は豊かなヴェネツィアのためにRock、Paper、Shotgun's Adam Smithと統合部隊を組織しました。私たちの作戦はシンプルです:金に溺れる。実際には私達は血と反乱軍に溺れる羽目になり、EU4では全ての作戦は5分も持たないということを証明しただけでした。特に他の人間プレイヤーの中に投げ込まれた場合は。」

http://www.destructoid.com/europa-universalis-iv-the-betrayal-of-venice-244854.phtml

And here is a new interview with Thomas "Besuchov" Johansson, project lead at Europa Universalis IV, enjoy!

そしてEU4のプロジェクトリーダー、Thomas "Besuchov" Johanssonの新しいインタビューがこちらにあります。楽しんでください!

http://www.youtube.com/watch?v=wFV-4VArLVg


添付画像: http://forum.paradoxplaza.com/forum/attachment.php?s=fcab58294c808195ba6641eb8b80c402&attachmentid=73926&d=1360926516

原文リンク: http://forum.paradoxplaza.com/forum/content.php?1305-Europa-Universalis-IV-Developer-diary-20-A-Tale-of-Two-Cities

翻訳:翻訳係2号 2013/3/17

前 - [[EU4 開発日記19]]
次 - [[EU4 開発日記21]]
前 - [[EU4 開発日記19 戦闘について>EU4 開発日記19]]
次 - [[EU4 開発日記21 指揮官と傭兵について>EU4 開発日記21]]



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS